スズキ・新型スイフト ハイブリッドRS試乗 外観インプレッション(1/5)

今年フルモデルチェンジしたスイフトは、受ける印象も大きく変わり、私自身に強く印象付けられた点について、ここでは外観インプレッションをお伝えします。

縦の細長から横の細長様の目に

フロントから見た時のライトですが、前モデルは特徴的な縦の細長い目をしており、私の個人的な好みには正直合いませんでした。
ライトだけが主張しすぎており、奇抜過ぎたので・・・。二つと無いというオリジナル性の観点で言えば前モデルの方に軍配が上がるでしょう。

しかし、今回のモデルのライトは横に流すような細長い目になっており、流線型のライトが顔を流行りのキリッとしたものにしています。
好みの問題ではありますが、前モデルと比べるのであれば無双の奇抜な顔かキリッとした端整な顔のどちらが好みかという事ですね。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS フロント正面

スズキ・スイフト ハイブリッドRS フロント正面

目立たないドア

特に前方斜めから見た時や、走行中のスイフトをパッと見ただけでは、リアシートのドアが分かりづらく2ドアの様に錯覚しそうになりますが、ちゃんとリアシートのドアもある5ドアですのでご心配には及びません。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め前から

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め前から

リアシートのドアが外から分かりづらいのは、他の車によくある運転席や助手席と同じ部位に取っ手が付いていない為です。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左サイドから

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左サイドから

では、後部座席の取っ手はどこに付いているのか?と言うと、窓の横に縦で付けられています。
取っ手の上側と窓の上のラインがほぼ同じ高さで配置されています。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席ドアノブ

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席ドアノブ

スイフトのようなコンパクトカーでこのような車は中々珍しく、特筆すべき点であると言えると思います。
ドアの取っ手が目立たないというのは、外観に余計な水を差さないという事ですからね。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席ドアノブ(アップ)

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席ドアノブ(アップ)

スポンサーリンク

外観で感じた残念な点

新型で目新しいから全てが良いように見えるか?と言えばそうでもありませんね。
もちろん個人の好みの問題ですが、私が新型スイフトで外観に関してとても残念に思った点があります。
それは、後方、特に真後ろから見た時の角角感です。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS リア正面

スズキ・スイフト ハイブリッドRS リア正面

天井の横のラインから一旦八の字で斜めに下りてきて、更にテールランプに向けて八の字で下り、挙句ランプから更に横に出っ張って一番下の横のラインに落ち着いているのです。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め後ろから

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め後ろから

折角前方が飛躍的に恰好良くなっているのに、後ろがこれでは台無しです。
前方の流れるラインと後方の角角のイメージの差もあり、整合性に欠ける結果として余計にそう感じたのかもしれませんが。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 右斜め後ろから

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 右斜め後ろから

この真後ろから見た感じにオデッセイを重ね見たのは私だけでしょうか・・・。

そしてもう1点私は残念に思った事があります。
真後ろから見たテールランプは良いのですが、斜め後方からテールランプを見ると、横側に向けて流れているのです。
これらはもう好き嫌いとしか言いようがありませんが、前モデルの目をテールランプに持ってきた様な印象ですね。

後部座席のドアを目立たない仕様にして、横側がスッキリしているのにそこだけ主張しているからか不細工に思えます。
この2つの残念な点は、横側・斜め後方・真後ろと影響しているので、前・斜め前を合わせ両側で8角形から車を見た時に、過半数を超える5方向からの外観を損なっているのです。

これは外観に関しては個人的に残念ポイントです。あくまでも私個人の好みですから、このような外観が好みの方はお気になさらないで下さいね。

今回のフルモデルチェンジで、新型スイフトの外観については、車は先ず外観から入るという方は、選ぶか選ばないのかがはっきり2層になるタイプの車であると感じました。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 右サイド

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 右サイド

次の記事

今回試乗した【スイフト】のスペック
車名 スイフト メーカー名 スズキ
グレード名 HYBRID RS 発売日 2017年1月4日
フルモデルチェンジ
車両重量 970kg 全長×全幅×全高 3840×1695×1525mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2450mm
排気量 1242cc 最小回転半径 4.8m
駆動方式 フルタイム4WD 最高出力
(kW[PS])
67[91]/6000
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m])
118[12]/4400
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
JC08モード燃費 25.4km/L 型式 DAA-ZC53S-VBRB
現行モデル発売 2017年1月~
[4代目]
タイヤサイズ 185/55R16
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのスイフトを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのスイフトを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

スイフトの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

スイフトを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでスイフトの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ぽこまる

ぽこまる認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 和歌山県在住

趣味はドライブです。フィアットのエンジン音が一番のお気に入り。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る