東京モーターショー2015レポート ホンダ・待ちに待った!新型「NSX」「シビック タイプR」

新時代のスーパースポーツとされるホンダの新型NSXとシビック・タイプRが日本初公開となりました。
根強いファンの多い車種につき、展示車両の前には写真を撮る人や感慨深そうに眺めている人など・・・
それぞれの楽しみ方があったように思いますが、年齢層が他の車両と比べて高めだったことも印象的でした。

私も含めてになるのですが、両車種の全盛期を知っているであろう世代の方ではないでしょうか。
東京モーターショー2015で様々な車を見てきましたが、一番ワクワク感があったのがHONDAのこのエリアだったように思います。

異次元ともいえるホンダ・新型NSXについて

ホンダ・新型NSX

日本初公開されたホンダ・新型NSX

1989年に発売され、これまでのスポーツカーの歴史を変えたとも言われるNSX。
初代モデルが姿を消してから10年の歳月が流れ、2016年には新型が発売予定となっています。

新型NSXのデザインはこんな感じです。

ホンダ・新型NSX

ホンダ・新型NSX さらに迫力が増したデザインに


初代モデルと比べるとフロントフェイスに力強さや迫力が増したように思います。

エクステリアデザイン責任者のコメントも拝見しましたが、初代NSXに敬意を払いつつ未来のものとして受け入れ荒れるデザインにしたのだそうです。
横から見ても、ガッシリとしたボディと曲線的なラインがマッチしていて美しさを感じました。

ホンダ・新型NSX

ホンダ・新型NSX 芸術的な曲線ラインが美しい

タイヤはフロントは19インチ、リヤは20インチとサイズが異なっています。

リヤを見てみるとフロントフェイスとは異なる印象となり、丸みや滑らかさのあるものになっています。

ホンダ・新型NSX

ホンダ・新型NSX マフラーに注目


そして、このマフラーの形状・・・中央に4本という目にする機会がなかなか無いのではないでしょうか。

  • 全長:4,470mm
  • 全幅:1,940mm
  • 全高:1,215mm
ホンダ・新型NSX

ホンダ・新型NSX スペック

徹底して軽量化を図ったとされるボディに、新開発となる縦置き直噴V型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップに搭載し、走行性能と環境性能の両立を図ったとされる3モーターハイブリッドシステム(SPORT HYBRID SH-AWD)と組み合わせています。
同クラスのスポーツカーよりも燃費が3割向上したともされ、実際に発売したらかなり話題になると思われます。

内装は遠目にしか確認出来ませんでしたが、赤を基調としたTHE・スポーツカー的なものでした。

ホンダ・新型NSX

ホンダ・新型NSX 内装ももちろんスポーツカーそのもの

機会あれば是非試乗してみたい1台ですが・・・これは試乗車出て来なそうな感じですね(汗)

スポンサーリンク

5年ぶりにシビック・タイプRが帰ってきた!

新型NSXと燃料電池車(FCV)CLARITY FUEL CELLが注目される中、同じライン上に展示されていたのがシビック・タイプRでした。

ホンダ・新型シビック・タイプR

ファン待望のホンダ・新型シビック・タイプR

シビック・タイプRを真っ先に見たという方も少なくはないかと思います。

どうしてもシビック・タイプRというと標準のシビックを少し改良したものという印象しかなかったのですが、新しいシビックは全く違いました。

ホンダ・新型シビック・タイプR

FF量産車最速!ホンダ・新型シビック・タイプR

地面に着いてしまいそうなフロントリップスポイラー、GTマシンを思わせるオーバーフェンダー。
リアを見てみるとシビック・タイプRらしさのある大きなリヤスポイラーと4本出しマフラーが目に入ります。

ホンダ・新型シビック・タイプR

ホンダ・新型シビック・タイプR リヤもタイプRらしさが全開

FF量産車最速の称号も得ておりタイプRの名に恥じない車として、人々の期待を超える1台になっているかと思います。

  • 全長:4,390mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:1,460mm
ホンダ・新型シビック・タイプR

ホンダ・新型シビック・タイプR スペック

  • エンジン:2.0L VTEC ターボ・エンジン
  • トランスミッション:6MT
  • 燃料消費率:13.0km/l(JC08モード燃費)
ホンダ・新型シビック・タイプR

ホンダ・新型シビック・タイプR 2.0L VTEC ターボ・エンジン

シビック・タイプRを購入するためには商談申込が必要

シビック・タイプRですが、販売台数は750台限定となっており、カラーによって台数も変わります。

  • チャンピオンシップホワイト:550台(2016年1月~2月:300台、2016年2月~3月:250台)
  • クリスタルブラック・パール:200台(納車時期:2016年2月~3月)

メーカー希望小売価格ですが、4,280,000円です。

購入希望者はホンダのホームぺージからの商談申込が必要となり、受付期間は2015年10月29日から11月23日までになっています。

申込数が販売可能台数を上回った場合は商談の権利が抽選となるそうなので、ハードルは高めかも知れませんね。
抽選になって外れたら購入も実質不可能ということになってしまいます・・・。
でもここはタイプ・Rファンならば是非とも手にいれたいところではないでしょうか。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る