【愛車レビュー】マツダ・DJデミオ13S Lパッケージ(MT) 内装・装備について(2/4)

どんな車でも、グレードによる内装・装備の違いはあります。その為、内装・装備をレビューする上でグレードがどのグレードなのかも重要な事の1つとなります。
私のデミオは13S Lパッケージというガソリン車の最上位モデルです。

白が基調になっている内装カラー

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ 前席

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ 前席

白が基調のシートに赤で縦にラインが入っています。
ドアの部分にも白が使用されているので、車内は明るいイメージです。私はこの明るいイメージの車内が気に入っています。
ちなみに、白い部分は合皮レザーです。本革ではありませんので悪しからず。

シフトインジケーターとアクティブドライビングディスプレイを装備

運転席に座った時にドライバーが気になるのは、運転中に関わる装備がどうなっているのかという事ではないでしょうか。
私のDJデミオはマニュアルトランスミッションなので、自分でシフトアップ・ダウンをしなければなりません。

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ 内装

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ 内装

そして運転席のパネルにシフトインジケーターが付いています。
シフトインジケーターって何?という方の為に解説しておきますと、そろそろ2速から3速に上げてとか4速から3速に下げてなど、シフトチェンジを促す表示をするものです。勿論無視して運転する事も出来ますし、道路状況と回転数によっては2速飛ばしに表示されることもあります。
このシフトインジケーターですが、アップダウンの目安がエンジン音と回転数だけでなく、より直接的に視覚に入るものとして数字を表示するので分かりやすいです。また、シフトアップ・ダウンを促すタイミングではない時には、現在が何速に入っているのか表示されます。

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ シフトインジケーター

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ シフトインジケーター

アクティブドライビングディスプレイですが、ステアリングの上部後方にあるディスプレイの事です。駐車時は格納されていますが、エンジンのオンオフと連動しておりエンジンを掛けると自動で起動します。
表示される内容は時速何キロで走っているのかと、マツダコネクトでナビゲーション設定をした場合何百メートル先を右左折という情報です。
何百メートル先を右左折という情報は設定で表示されない様にも出来ますが、私は表示させています。ナビの方に目を移さずに済み、その方が安全だと思うので。CX-3の記事でご案内したものと同じものですね。

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ アクティブドライビングディスプレイ

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ アクティブドライビングディスプレイ

マツダコネクトについて

マツダコネクトはメーカー純正のナビなどが入ったものです。
音楽などもこれで切替ます。運転席と助手席の間にあるボタンとダイヤルで操作します。
慣れると目を離さず、しかも、シフトの直ぐ下という手を伸ばさずに済む所に配置されているので私は使いやすいと思っています。

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ マツダコネクト コントローラー部分

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ マツダコネクト コントローラー部分

また、音楽の切り替えとBluetooth接続した電話の発信と応答はステアリングでも出来ます。
USBが2口、クーラーのダイヤルの下に配置されています。私は音源の良さには全くこだわりが無く、聞こえれば良いという位無頓着なので、MP3に変換してUSBに音楽を入れてここに指して使用しています。
CDを何枚も携行せずに済み車内に物が溢れるという事が無いので助かっています。

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ USB接続

マツダ・DJデミオ 13S Lパッケージ USB接続

ドライブレコーダーとレーダー探知機

私がデミオを購入してから新たに取り付けた装備は、ドライブレコーダーとレーダー探知機だけです。
それ以外は純正で揃っている状態だったので。
レーダー探知機は賛美両論あるアイテムだと思いますが、ドライブレコーダーはお勧めします。私は事故で弁護士特約を使用した事があります。当時はドライブレコーダーなんかはタクシーや送迎などの一部の事業用車位にしか装備されていないような時でしたから、当時の私の愛車フィットにも付いていませんでした。
相手は全く違う主張をする中大変でした。ドライブレコーダーがあると映像と音声として記録されているので、こんな経験をせずに済みます。

内装・装備の難点

私は購入後1か月程で2200キロ位走り1つ難点に気が付いてしまいました。それは、私はよくパック飲料を購入するのですが置けません。ペットボトル向けの置く所しかないので。仕方なく斜めに置いていますが、零れない様に気を遣います。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデミオを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデミオを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デミオの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デミオを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデミオの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ぽこまる

ぽこまる認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 和歌山県在住

趣味はドライブです。フィアットのエンジン音が一番のお気に入り。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る