トヨタ新型30系ヴェルファイア試乗 ハイブリッドとガソリンモデルの比較(2/5)

30系新型ヴェルファイアのハイブリッドモデルとガソリンエンジンモデルのそれぞれに試乗してきました。

視界について

まず、共通して言えることは前方の視界の良さですね。
トヨタ新型ヴェルファイア

長時間運転しても疲れを感じなさそうです。
前方の視界の良さに対して後方は長さがある分、少し視界の悪さを感じるかも知れません。
トヨタ新型ヴェルファイア

サードシートを跳ね上げてしまうと、後方の窓を隠す形になってしまいます。
トヨタ新型ヴェルファイア サードシート跳ね上げ
何か目的が無い限りはサードシートは出しておいた方が良いと言う事がわかります。

ガソリンエンジンモデルを試乗!一番人気の2500cc Z”A EDITION”

ガソリン車で一番人気の2500cc Z”A EDITION”を試乗しました。
こちらがガソリンエンジンモデル(エアロ仕様)のオプティトロンメーターになります。
トヨタ新型ヴェルファイア ガソリンエンジンモデルのオプティトロンメーター

プッシュスタートシステムでエンジンを始動させます。
すると真ん中のマルチインフォメーションディスプレイの中に「VELLFIRE」の文字が!
こんな部分にも格好良さを感じながら、試乗開始です。

2500ccのガソリンエンジンモデルは、良くも悪くも「必要十分」の印象です。
旧モデルにあたる2400ccガソリンモデルよりは改善されてはいますが、立ち上がりの遅さみたいなものはどうしても否めないです。
試乗中に国道を走行し、合流にさしかかる場面でそのことを強く感じました。
アクセルを踏み込んでキックダウンさせないと加速の足りなさを感じるかも知れませんね。

もし、7~8人のフル乗車でしたらどうでしょう?きっとパワー不足を更に強く感じるのではないでしょうか?
試乗コースが3km程度だったので、その上での感想になります。
実際にフル乗車を日常的にされている方は多くないと思いますが。
ただ、ガソリン車の2500ccはベルファイアの中では最も軽量(1,920kg)なグレードとなるので、軽快さの意味では一番ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ハイブリッド車を試乗!~HYBRID ZR~

続いてはHYBRID ZRの試乗です。
ハイブリッドモデルのオプティトロンメーターはこんな感じです。
トヨタ新型ヴェルファイア ハイブリッドモデルのオプティトロンメーター

まずはそっとアクセルを踏んでスタートさせてみます。
ハイブリッドはモーターを使って走り出すため、静粛性が高い上にほぼ無音無振動な為、エンジンがいつかかったのかは気付かないくらいです。

ハイブリッドのシステムはレクサスのNX、カムリと同じ2500ccアトキンソンサイクルエンジン+モーターというシステムを採用しています。
ヴェルファイアほどの重量の車に対応するにはパワー不足かな?とは思いましたが、十分に足りています。

スタート時については、モーターのトルクで力強さを感じます。
ただ、やはりボディの重さの部分があるので、加速に関して言えば3500ccV6が上になるでしょう。
制限速度くらいまでなら、モーターの力強さで過不足のない動力性能を発揮してくれると思います。
ただ高速道路であったり、車線の合流では爆発的な加速感は期待出来ないと思いました。
重さがあるので加速の面に関しては仕方ないところでしょう。
もともとコンセプトがガンガン飛ばして走る車と言うわけではありませんので、ゆっくりと贅沢に乗ることに重点を置いた車なんだと思います。

試乗コースで国道を進んでいきます。
やはり、車重があるので安定してることを強く感じます。
多少加速をしてもスピードが出てるように感じないですし、音が静かなので速度計に目が行きません。
ロードノイズが入ってくる部分もありますが、ほんの僅かで私は殆ど気になりませんでした。
途中、販売店に戻るのにUターンをする場面があり、このボディサイズじゃ絶対に無理!と思ったのですが、ハンドルも軽く意外とスムーズに出来ました。
もちろんコンパクトクラスに小回りの部分では勝てませんが、いざ乗ってみると驚かれる方も多いのでは?
ステアリングも軽いので、スイスイと操作することが出来ます。

新リアサスペンションのダブルウィッシュボーンとは?

ヴェルファイアは、リアサスペンションが旧型のトーションビームからダブルウィッシュボーンに変更されています。
サスペンションは分かりましたが、ダブルウィッシュボーンとは一体どんなものでしょう?
ダブルウィッシュボーンとはタイヤを支える上下するフレームが2個ついていて、上下に動く際のキャンパー変化が少ない構造のサスペンションです。

これまでのミニバンはフワフワした感触でリアが跳ねるという車が多い状況でした。
今回のヴェルファイアではそんなこともなく、高級セダンにも近いフラットな乗り心地を感じました。
この良さを感じるにはセカンドシート!と販売営業スタッフも勧めています。
また、サードシートも安定した乗り心地を感じることが出来るそうです。

私は今回はセカンドシートとサードシートでの試乗確認は出来ませんでしたが、こちらも試乗の際に確認すべきポイントかも知れませんね。

トヨタ新型ヴェルファイア

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのヴェルファイアを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのヴェルファイアを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ヴェルファイアの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ヴェルファイアを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでヴェルファイアの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Great ariltce, thank you again for writing.

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る