日産・セレナ・ハイウェイスターG S-HYBRIDアドバンストセーフティーパッケージ その他の安全装備について

前回は、安全装備の中でもアラウンドビューモニター、エマージェンシーブレーキに着目して書きました。
セレナでは、それ以外にも安全装備がありますので、そのほかの安全装備について書いていきます。

自分が、セレナが一番と思った大きな要因は、このアラウンドビューモニターとエマージェンシーブレーキなのですが、セレナの安全装備はこれだけではありません。

  • 車線を外れると警報でお知らせ「LDW(車線逸脱警報)」
  • 駐車場などでの衝突を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」
  • 注意力の低下がわかる「ふらつき警報」

これらの機能もついています。

日産・セレナ ハイウェイスター G

車線逸脱警報について

まずは、車線を外れると警報でお知らせしてくれる「LDW(車線逸脱警報)」についてです。
この機能は、車速が60km以上のときに有効になる機能です。
60km以上の高速運転しているときに、方向指示器の動作なしに、車線の白線やオレンジの線などを跨ぎそうになったときに、警告音をならして運転手にはみ出しを警告してくれます。
この警告がうるさいという方は、オフにもできます。

日産・セレナ・ハイウェイスターG S-HYBRIDアドバンストセーフティーパッケージ LDWスイッチ
LDWスイッチなど

しかしながら、安全運転によい機能ですから、常にONにして運転することをおすすめしたいと思います。
実際、運転していて、高速道路に限らず、幹線道路でも60kmを超えることがあります。
そのときに、ちょっと脇見をしてしまったり、同乗している子供が泣いたりして、そちらに気を取られて、車線を跨いでしまいそうになったりという事があります。
そんなときに、警告音がなると「ハッ」として車線を跨がないようにすぐにハンドルを回します。

ときどき、ニュースで居眠りで反対車線に侵入して、正面衝突したという事故がありますね。
この機能が多くの車に搭載されていれば、だいぶ事故も減らせるのではと思います。
欲を言えば、車線逸脱しそうになったら、自動でハンドル操作をして、車線を維持する運転をしてくれる機能も追加してほしいところです。

日産では、この自動でハンドル操作もしてくれる技術は、LDP(車線逸脱防止支援システム)という名称で、実際に一部の車種には、搭載されています。
執筆時の情報では、スカイラインやシーマ、フーガなどの高級車にしか搭載されていません。
早期に、セレナやその他の大衆車にも搭載してほしいですね。

スポンサーリンク

踏み間違い衝突防止アシストについて

次に、駐車場などでの衝突を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」についてです。
最近、高齢者がコンビニなどの駐車場で、ギアを間違えて前進するところで後退してしまったり、後退するところで前進してしまったりで、店舗内に車で進入してしまうというニュースが増えてきましたね。
この事故を防ぐ事ができる機能です。
この機能は、さすがに作動させたことはありませんが、父親も高齢なので、今後もしかしたらこの機能のお世話になることもあるかもしれません。

基本的には、進行方向に、障害物あるいは、移動体が近づいてきて、衝突するかもしれないようなアクセルの踏み込みがあったときに、警告をして、必要に応じて加速を抑制したり、自動ブレーキをきかせたりするというものです。
コンビニの駐車場で、ソナーで壁があることを認識しているところで、壁の方向へアクセルを踏んだときに、ブレーキを聞かせてくれるのです。
自分ではあまり経験はないのですが、アクセルとブレーキの位置を間違えることがあるみたいです。自分ではブレーキを踏んでいるつもりが、実はアクセルだった。→踏んで止まるはずが、車が動き出すので、とっさに、ブレーキを強く踏むことになります。
しかし、それはブレーキではなくアクセルなので、この機能がない車では、急発進して建物などに衝突してしまうということになります。

日産・セレナ・ハイウェイスターG S-HYBRIDアドバンストセーフティーパッケージ

ふらつき警報について

最後に、注意力の低下がわかる「ふらつき警報」についてです。
ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促すという機能です。

この機能も、実際に警告されたことはなかったかと思いますが、急いでいるため、疲れていて眠気があるのに長時間運転しているときなどに警告されることになるのでしょう。
もしも警告されたら、休憩をとるようにするといいでしょう。

以上のように、日産セレナには多くの安全装備があります。
事故を防止する目線で、個人的にセレナはおすすめです。

日産・セレナ・ハイウェイスターG S-HYBRIDアドバンストセーフティーパッケージ

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのセレナを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのセレナを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

セレナの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

セレナを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでセレナの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

セレナパパ

セレナパパ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 東京都在住

趣味はパソコン、DIYなど。今回のセレナではじめて、電装パーツなどを自分で取り付け工事してみました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る