トヨタ・ルーミー試乗 乗り出し価格と総評(4/4)

今回試乗したトヨタ・ルーミーの総評をお伝えします。

ソリオ1強の市場からシェアを奪い得る可能性を秘めている車

今まで1000ccクラスで、このタイプの形をしている車は他にソリオくらいしかありませんでした。
当然ソリオ1強の市場になるわけで、そこからシェアを奪い食いつくには、ソリオと同等では足りずそれ以上のパフォーマンスをしないと浸透しません。

私は実家の関係でソリオにも乗った事がありますが、ルーミーはソリオにも引けを取らないパフォーマンスをしています。

トヨタ・ルーミー 正面

トヨタ・ルーミー 正面

では、どんなパフォーマンスか少し例を挙げてお話します。
まず、中身は広いです。
2列目シートを倒しフラットにすると足を真っ直ぐ伸ばして車中泊も可能な広さです。

トヨタ・ルーミー 後席

トヨタ・ルーミー 後席


トヨタ・ルーミー 足元スペース

トヨタ・ルーミー 足元スペース

営業マン曰く、子供が泣き始めて、どうしようもなくなっても片方のシートを外し遊ばせる事が出来るとの表現でした。
(もちろん走行中などは危険で論外です。あくまでも広さを表現したものですので語弊はご了承下さい。)

ネットでメーカーのルーミーのページにアクセスすると、リビング×ドライビング、1LD-カーという表現が用いられています。

トヨタ・ルーミー 1LD-CAR!

トヨタ・ルーミー 1LD-CAR!

私はこの表現は的を得ているなと思っています。
車内空間で言えば、本当に1LD-カーという感じです。

そして私の周囲では、ルーミーが公道を走っているのを含めてあまり見かけませんが、売れているとの事で、5月半ばに試乗して商談をした時から4カ月待ちで9月納車との事でした。

スポンサーリンク

心配するとすれば、ハイブリッドが未設定

昨今は何かにつけ、エコと結び付ける風潮で車も例外ではありませんね。
そのエコ・ハイブリッドが強く幅を利かせている中、何とルーミーはハイブリッドが未設定です。

初年度の税金が免税になるのと、走り出しがモーター走行の為ガソリン消費が抑えられ燃費に強く貢献する機構を搭載したモデルが未設定というのは、一抹の不安を覚えないでも無いです。

やはりファミリーカーとしては、燃費と(初年度だけとはいえ)税金が安いというのは強い影響力があります。僅差でどちらを選ぶかとなった時や、そもそもの選定条件が燃費など維持費の安さである場合などは、ハイブリッドが未設定である為に顧客が逃げてしまう可能性があります。

トヨタ・ルーミー 右サイド

トヨタ・ルーミー 右サイド

車を買う時に燃費を優先するか否か

でも、燃費などを理由に車を選ぶのではなく、妥協せずに欲しい車を買うという方には良い車だと思います。
広すぎず、取り回しが利き、それなりに走ります。

そして車を買う時は、この妥協しない買い方をする方が結局は安くつくと思います。
飽きてきて、じゃあ次の車という事にならないので。

カスタム G Sグレードの乗り出し価格

トヨタ・ルーミー カスタム G S 見積書

トヨタ・ルーミー カスタム G S 見積書

ルーミーの対価に提示された金額は2451244円でした。
ナビやETCなどの付属品類335340円、法定費用250744円(9月登録なので自動車税は9月からの分となっており、購入する時期等で若干誤差があります)などを含んだ、現金一括払いの時の乗り出し価格です。

そして、支払いですがこの営業マンは一部を据え置くローンを非常に押してきて、この買い方だと3年から5年毎に新車に乗り換え続けられる・自動車ローンは生活コストの一部としてローンが無い状態にしなくても良いのでは、と言う論理でした。

ちなみに1例としてルーミーでその買い方をすると、頭金が51200円程で端数を無くし2400000円のローンを5年払いの場合どうなるかをご紹介します。

初回が35200円程で、2回目から59回目までの58回の間は毎月が34900円です。
ボーナス併用は無しなので、加算はありませんが毎月の払いを減らしたい場合はボーナス併用で年2回加算で払う必要があります。

これで幾ら据え置かれるかというと642600円です。
最後の60回目にこの金額を払うか、車を返却するか、間で下取りがローンの金額を精算できる時点になった時に下取りでローンを精算するか、再度ローンを組み直すかという事になります。

営業マンが言っていたのは、下取りでローンを精算し別の車でこの買い方をする方法で、これだと確かに新車に乗り続ける事は可能です。

但し、営業マンが言っていませんでしたが、この買い方は危険もあります。
事故などでもし廃車になった場合、そもそも下取る車が無いのでローンだけが残り、しかも車両返却か再度ローンかを前提にした買い方なので支払いがきついです。

廃車にならなくても、車を返却する方法場合はいわゆる事故車(かすり傷などではなく車屋さんが言う事故車、車のフレームが1度でも曲がった車)はダメです。

そして、走行距離に制限もあります(年間およそ1万キロ)。
匂いが付いている場合等もアウトです。
ただし、点数になっており1点幾らで精算する事も出来ます。

あくまでも個人的にはですが、あまり向いていない買い方だなと思います。
ころころ買い換えるという事は、車に飽きている証拠で新しくなくなったらもう次というのは適当な印象を受けます。
逆に、常に新しい車に乗り換えたい人には向いている支払方法だとも言えますね。

ルーミーは外観デザインが子育て世代の若いパパママが好みそうな印象なので、あまり大きな車は不要だけど室内の居住空間は広い方がいい!という方にはぜひ見てもらいたい車です。

トヨタ・ルーミー 右斜め後ろから

トヨタ・ルーミー 右斜め後ろから

満足度評価
【ルーミー/カスタムG S】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★☆☆ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★★★ 安全装備 ★★★★★
エンジン ★★★★☆ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★★☆ 価格 ★★★☆☆

最初の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのルーミーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのルーミーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ルーミーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ルーミーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでルーミーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ぽこまる

ぽこまる認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 和歌山県在住

趣味はドライブです。フィアットのエンジン音が一番のお気に入り。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る