新型フリード・ハイブリッドEX試乗 総評(5/5)

走りも装備も充実したコンパクトミニバン

今回試乗したフリードハイブリッドは、走りや個性的というHONDAのイメージからすると、落ち着きがあり、好き嫌いを言わせない、まとまりのあるデザインに変身したのかなと感じました。

また、長く付き合うにはもってこいの、いつまでも飽きがこないような車に思えました。
走りに関しては、エンジン+モーターの組み合わせは、コンパクトミニバンとして十分な性能を備えていると言えます。

ホンダ・フリード ハイブリッドEX

ホンダ・フリード ハイブリッドEX

女性にとっては、ちょっと大きめの車を運転することには不安がありますが、フリードは女性にはちょうど良い大きさかもしれません。

また、若い人にとっても、オプションのエアロをまとうことで、自分たちの車の走る姿を見せることができます。

ホンダ・フリード ハイブリッドEX Modulo仕様

ホンダ・フリード ハイブリッドEX Modulo仕様

2列目のシートにはチィルドシートを固定する金具を標準装備するなど、若い家族が乗ることを想定していて、これから、家族が増える人にとっても、次の我が家の車に一押しだと思いました。

ホンダ・フリード ハイブリッドEX スライドドア

ホンダ・フリード ハイブリッドEX

スポンサーリンク

安全装備のホンダセンシング+サイドカーテンエアバックで安心

今回試乗したフリードハイブリッドの最上級グレードとなるEXは、安全面ではHONDA SENSINGという最新の安全システムや運転席・助手席に加えて、1~3列目までにサイドカーテンエアバックシステムを装備しており、ハイブリッドとの組み合わせで、安全性とエコを併せ持ったコンパクトミニバンと言えいます。

ホンダ・フリード ハイブリッドEX(Sパッケージ装備) 室内

ホンダ・フリード ハイブリッドEX(Sパッケージ装備) 室内

最近よく見かける記事に、アクセルとブレーキを間違えて店に突っ込んだという誤発進による事故ニュースを目にします。
私も、年齢を考えてNBOXスラッシュを購入するときにオプションで誤発進防止機能をつけようかと迷ったのですが、フリードの安全運転支援システムHONDA SENSINGには誤発進抑制機能も含まれていて、事故の軽減に貢献できるなと思いました。

また、今年の4月初め、暗くなりかけた夕方6時頃に勤め先の車で、事業所に帰る途中のことですが、パーンと大きな音がして、何かがバラバラと飛び散りました。
なんと、私の車の運転席側のサイドミラーが割れて無くなっているではありませんか。
道路の中央でお互いのミラーが接触、一歩まちがえれば衝突事故になっていたと思うとゾッとしました。

ぶつからないための、車線維持支援システムや、はみださないための、路外逸脱抑制機能などの機能がついていれば、車線を外れたり衝突しそうになったときに、警告と同時に自動的に車がハンドルも制御してくれ、本当に安心できるシステムだと思います。
もし、車にこんな機能がついていたならば、私は事後を起こさずにすんでいたかも。

安全運転支援システムHonda SENSINGの主な装備は以下になります。

  • 衝突軽減ブレーキ
    雨・霧・夜でも遠方までの距離に強いミリ波レーダーと形状認識に強い単眼カメラによるり、車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合マルチインフォメーション・ディスプレイの表示やブザーで警告。緊急時には、自動で強いブレーキをかけて衝突回避・避難軽減を図ります。
  • 歩行者事故低減ステアリング
    約10km/h~約40km/hで走行中に車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突しそうな祭、音と表示で警告。ステアリングも制御して回避操作を支援します。
  • 誤発進抑制機能
    前方に障害物があるにも関わらず、アクセルを強く踏み込んだ祭、急発進を防止します。
  • 先行車発進お知らせ機能
    前の車が発信したことを、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイの表示でお知らせします。

また、カタログ燃費は26.2km/Lで、ハイブリッドとしてはやや物足りなく、もう少しメーカーに頑張ってもらいたいなと思いました。

フリード ハイブリッドを購入しようとした時に、今回試乗した最上級グレードであるEX(車両本体価格:265万6000円)は、「ちょっと高いな・・・」と言う人には、一つ下のグレードであるハイブリッドG Honda SENSING(車両本体価格:249万6000円)も検討の1つにしても良いのかなと思います。

満足度評価
【フリード/ハイブリッドEX】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★☆☆ 乗り心地 ★★★★★
内装 ★★★★★ 安全装備 ★★★★★
エンジン ★★★★☆ 燃費 ★★★☆☆
走り ★★★★☆ 価格 ★★★☆☆

最初の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのフリードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのフリードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

フリードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

フリードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでフリードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

Mr.A

Mr.A認定ライター

投稿者プロフィール

60代 男性 愛知県在住

免許を取って約40年、最近まではずっとマニュアル車に乗っていました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る