スズキ・新型スイフト ハイブリッドRS試乗 内装インプレッション(2/5)

コンパクトカーに区分される新型スズキスイフトの内装について、試乗した感想をいくつかの観点からお伝えします。

4人大柄な人はチョット狭いかも

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 運転席シート位置

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 運転席シート位置

身長が177cmの私がアクセルワークに丁度良い位置にシートを合わせて、運転席の後ろに座ると、シートに足は当たらないもののギリギリでした。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席シート位置

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席シート位置

アクセルワークに影響が出ると安全に支障が出るので、運転席を前に寄せるのは危険が伴います。
そうなると後部座席側が我慢せざるを得ないのですが、シートに足が当たらないギリギリのラインというのは、写真を撮るのに停止していた少しの時間でも圧迫感からストレスを感じました。

前後に座るのであれば、前か後ろが身長160cm位までの人が片方でないとどちらかが圧迫感をどうしても感じてしまう車内環境になります。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席シート

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 後席シート

丸を基調としたメーターやボタン類

1つ前の型のメーターは一面になっていたのですが、新型では分断されメーターが両眼になり、その間に電子表示のディスプレイが配置されています。
このディスプレイには、瞬間の燃費や航続可能距離などが走行中は表示されます。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS メーター

スズキ・スイフト ハイブリッドRS メーター

エンジンを切る時には、走った距離やその間の平均燃費、エコ指数などが表示されます。因みに私の場合は89ポイントでした。
丸を基調としたメーターやボタン類から、私はスポーティーな印象を受けました。個人的には、非常に好みに沿った仕様です。

内装収納は紳士的な気配り

ドリンクって手の自然な動きで収めると斜めに入るし、出す時も上下じゃなくて斜めになっていた方がスンナリ出しやすいですよね。
それにも関わらず真っ直ぐ出し入れする車が多い中で、新型スイフトのドア面のドリンクホルダーは斜めに出し入れする仕様で、非常に親切な印象を受けました。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS ドアポケットドリンクホルダー

スズキ・スイフト ハイブリッドRS ドアポケットドリンクホルダー

さりげない細やかな気配りが出来て、スポーティーな印象というと英国紳士みたいな車ですね。

スポンサーリンク

ポイントのあるシート

スイフトのシートは柄が入っており、個人的には少し残念です。
しかし、ワゴンRの記事でもお伝えしたように工夫によってシートの柄は何とでもなりますので、それだけの理由で乗る車を選ばれる事も無いとは思います。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS シート

スズキ・スイフト ハイブリッドRS シート背面

またシートには色違いでステッチが入っており、柄付きが好みではない私の好き嫌いもステッチがポイントとなり、受ける印象は少しアップしています。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS シート座面

スズキ・スイフト ハイブリッドRS シート座面

シート関連ではもう1つお伝えする事があります。
運転席にシートヒーターが全車標準装備で付いています。
シートヒーターのオンオフのボタンは前ではなく、助手席との間に配置されています。

トランクは広めでスペース十分

新型スイフトは全モデルと比べてもトランクが広くなっています。
キャリーケース位であれば縦や斜めではなく横積み出来るでしょう。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS トランクスペース

スズキ・スイフト ハイブリッドRS トランクスペース

上記で車内空間について触れましたが、車内が広い代わりにトランクが狭い、又はトランクが広い代わりに車内が極端に狭いというのではなく、車内とトランクのバランスが取れており、オールマイティーに対応出来るという評価の仕方もアリだと私は思います。

そういう車内空間であるという事は、ある程度乗る人を選ぶという事は無く、万人受けしやすいのではないかと思います。

新型スイフトは内装で言えば、大柄な人が前後で乗るか・両眼タイプのメーターや柄付きシートは好みに沿うかなど、乗車する人の条件は選ぶものの、使用目的はオールマイティーに対応出来る事から、検討の価値があるユーザーは多いいでしょう。

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め前から

スズキ・スイフト ハイブリッドRS 左斜め前から

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのスイフトを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのスイフトを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

スイフトの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

スイフトを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでスイフトの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ぽこまる

ぽこまる認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 和歌山県在住

趣味はドライブです。フィアットのエンジン音が一番のお気に入り。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る