メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE 非常に満足度が高いCクラス

私はBMWのドライビングフィールが好きで、代々BMWを乗り継いで来た。
乗り換える際にベンツなども考えたが、実際の所、値段に見合う価値を見いだせなかった。

その考えが360度変わったのが、2014年7月に発売された現行のCクラスである。
今までのCクラスとは明らかに進化したと評判になっていたので、私も試乗に行ってみた。

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

外観デザインはフロント、リヤとも流線型にまとまり、非常にきれいな印象を受けた。
その後、試乗のため運転席に乗り込んだのだが、余分なスイッチ類を廃したインパネや、黒のピアノ調の質感の高さに驚いた。

試乗した車は、C200AVANTGARDEのエアサス装着車だったせいもあるかもしれないが、COMFORTモードの乗り心地は堅すぎず、柔らかすぎず、今まで感じたことの無い乗り味だった。
一方で、SPORTモードはBMWの乗り味に近く、エアサス装着車の優位性を感じた。

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

また、試乗の時にベンツの半自動運転技術であるディストロニック・プラスや自動駐車技術のアクティブパーキングアシストもCクラスの進化を感じさせた。

ここまで満足した車は久しぶりだったので、早速購入することにした。
車はC200AVANGRARDEにAMGラインのオプションを付けた。

ここで迷ったのがボディーカラーである。
私はシルバーが好きで代々のBMWもほとんどがシルバーだった。

また、メルセデス伝統の色もシルバーであることを教えて貰った。
しかし、AMGといえばホワイトという印象があり、実際にホワイトが売れているとのことだった。
相当迷ったが、最終的には今までの信念を通してシルバー(イリジウムシルバー)にした。

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

C200の良い点

ここからは、実際に1年半程度所有してみて、良い点や改善点を述べていきたい。

まず良い点であるが、私はエアサス装着車を購入したがCOMFORTモードで運転していれば、何のストレスもなく運転できる。
購入当初はSPORTモードに切り替えることも想定していたが、ワインディングロードでもCOMFORTモードで充分である。

そして、安全装備が付いている安心感である。
一番有益だと感じたのは、横に車がいるとドアミラーのインジケーターが赤く光る、アクティブブラインドスポットアシストである。
夜間や雨の日などの車線変更に大変役立っている。

ディストロニック・プラスは加速がやや強すぎるなど、まだまだ改良の余地はあると思うが、高速道路や一般道路の渋滞時には便利な機能である。

そして内装の質感の高さは、現行のEクラス以上のものを感じさせる。
車がどんどん多機能になるなか、スイッチ類もどんどん増えてきた。
それを必要最小限にまとめ上げるのは、相当大変だったと思うが、必要な操作は問題なく行える。
純正のカーナビは正面上の見やすい位置に配置され、機能的にも充分なレベルである。

今回からAMGラインには、Cクラスにもアナログ時計が付いたが、デジタル時計が運転席前にしかないため、このアナログ時計も役立っている点を付け加えておきたい。

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

スポンサーリンク

C200の今後改善して欲しい点

このように良い点が多い現行Cクラスであるが、今後改善して欲しい点も存在する。

まず、ディストロニック・プラスの安定性である。
現行では、例えば信号待ちで当初から停止している車は壁と認識し、普通のブレーキがかからない。
認識しているかどうかは、運転席の車の表示で確認できるが、この辺りは使い勝手が悪いと言わざるを得ない。

また、アクティブパーキングアシストも頼りない。
ヨーロッパでは縦列駐車がスタンダードなのか、設定するとスペースに関係なく、縦列駐車をしようとすることが多い。
また、駐車場に大きな柱があると、そもそも認識しない。
この機能はまだまだ改善の余地がある。

最後に、アイドリングストップ機能は始動もスムーズで良く出来ているのだが、夏場や冬場はバッテリーの関係で作動しない。
良く出来ているだけに、バッテリーの容量を増やすなどして、アイドリングストップ機能が働く頻度を増やして頂きたい。

以上、Cクラスの購入から所有感までを記したが、現在の所は他の車に興味がわかないというのが素直な感想である。
今は、次のCクラスがどのようになるのか、興味を抱いている。

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

メルセデスベンツ・C200 AVANTGARDE

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCクラスを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCクラスを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

Cクラスの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

Cクラスを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCクラスの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

saber25v認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 兵庫県在住

大学時代は自動車部に所属し、86や92でレースに参戦していました。その後はBMW3シリーズに惹かれ、代々乗り継いで来ましたが、今回初めてベンツCクラスへ。趣味はスポーツ観戦とドライブです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る