トヨタ・アクア試乗 2014年12月マイナーチェンジ後の外観の違いは?

2014年12月にマイナーチェンジされたアクアの試乗に行って来ました。
私自身がマイナーチェンジ前の旧モデルのアクアを所持しており、ユーザーとしては変化が気になるところ!
大幅な変更があれば買い替えもあり?なんてことも思っていました。

まずはエクステリアはパッと見た感じ、大きな変更はないように見えます。
細々とした変化などはあるのでしょうか?
まずはディーラーで営業スタッフに話を聞いてみます。

マイナーチェンジで登場した新グレード「X-URBAN」とは?

今回のマイナーチェンジで「X-URBAN」という新しいグレードが設定されました。
これが一番大きな特徴になるかも知れませんね。
トヨタ・アクア X-URBAN

「X-URBAN」はスカートやグリルなどのパーツ色を自由に設定することが可能です。
個性的なカラー設定で、その人の個性を引き出すことが出来そうですね。
カラー遊びみたいな面白さも潜んでいると思います。
トヨタ・アクア X-URBAN

新型シエンタもアクア同様に自由に色で遊ぶことが出来ますが、始まりはアクアだったのでしょう。
トヨタ・アクア X-URBAN

こちらはボディーカラーがブラックマイカになります。
パーツカラーにはオレンジを選んでいます。
トヨタ・アクア X-URBAN

アルミホイールは標準装備なこともポイント!
少し黒っぽさがあり、スポーティーに仕上がっていることが分かります。
トヨタ・アクア アルミホイール

そして、フォグランプが装着されています。
旧モデルはどのグレードを購入してもフォグランプはオプションでしたが、それはマイナーチェンジ後も同じです。

こちらの展示車にもフォグランプがありましたが、オプションのものになります。
トヨタ・アクア フォグランプ

装着しないと、このフォグランプの部分に黒いプラスチックみたいなものが埋め込まれる感じです。
ちょっと見た目的にあまり良くないかも知れませんが、気にならない方は気にならないですよね。
実際には気にされてオプションで装着されてしまう方が多いようです。
残念ながら未装着の状態のアクアがなかったので、見ることは出来ませんでした。
機会あったら見比べてみると歴然とした差が分かるかと思います。

「X-URBAN」のカラーバリエーションですが、カタログで数えてみたら全部で33種類!
こちらの展示車はオレンジですが、他にはブロンズとブルーがあります。
色によっては奇抜さみたいなものがあるし、本当に合ってるの?なんてものもあります。
なかなか誰かとは被らなそうですね。

そう言えば、日産のジュークにもカラーを楽しめるグレードが存在しますね。
こうしてカラーで遊ぶことが最近の車の中の流行なのかも知れません。
自分好みを作りたい!そんな方にはピッタリのグレードでしょう。

スポンサーリンク

マイナーチェンジによる変更は殆どなし、エクステリアにも変化なし

では新グレード以外はどうでしょう?
話を聞いてみるとエクステリアに大きな変更はないようです。
既存グレードの展示車もあったので確認してみました。
こちらはGグレードになります。
トヨタ・アクア Gグレード
トヨタ・アクア Gグレード

ユーザー目線でまず気付いたところは数箇所!
屋根上のシャークフィンアンテナが標準装備になっています。
トヨタ・アクア シャークフィンアンテナ

わかりますか?
旧型ではピンとのびたアンテナがむき出しになっていたのです。
私はそれが嫌で35000円くらい出してオプション設定しました。
すれ違うアクアも同じようにシャークフィンアンテナにしてる方が多かったので、やはり人気があるのでしょう。
輸入車でも多く見かけますし、アンテナ1つだけでもお洒落にも見えますよね。

こちらがタイヤですが、こちらはホイールキャップが標準装備です。
175/65R15になりますが、オプションでアルミホイールにすることも出来ます。
トヨタ・アクア ホイールキャップ

一通りエクステリアを見て思ったのですが、やはり目立った変更はないですね。
フォグランプ周辺の形や、リヤのテールランプの色味が少し変わったくらいのものです。
間近で見ないとマイナーチェンジ前と後の区別がつかないかも知れません。
エクステリアが原因で旧型から新型に買い替えよう!ということにはならなそうです。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアクアを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアクアを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アクアの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アクアを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアクアの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る