東京モーターショー2015 スバル・世界初公開のコンセプトモデルはブランドが目指す未来像

スバルのブーステーマは「New SUBARU Story」。
安心と愉しさのあるクルマを提供しつつ、出掛けた先で目にする美しい景色や初めての体験をした時のワクワクするストーリーがスタートする時・・・。
そんな時にSUBARUがそばにいる存在でありたいという想いがこめられたテーマになっています。
世界初公開となる2台のコンセプトカーに市販モデルの4車種を含む全部で10台のモデルが出展されていました。

時期型フォレスターとインプレッサが世界初公開!

SUBARUのブースでは主にコンセプトモデルを見てきたので紹介して行きたいと思います。

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
今後のSUBARUデザインの方向性を示したとされるコンセプトモデルとなり、時期フォレスターを思わせるエクステリアデザインです。

次世代SUBARUのデザインコンセプトとなる「Dynamic×Solid」を具現化しています。

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT

アイサイトの進化版、全方位レーダー、高精度GPS、高精度地図データを組み合わせた自動運転技術も盛り込まれています。

また、次世代ダウンサイジング直噴ターボにXVのハイブリッドのシステムを全面進化させたというハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットが採用されています。

安心感を高める装備としてはドライバーをもモニタリングするというカメラが装備されていました。

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT

世界初出展となるSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT

ちょうど私がステージ前に居た時にVIZIVのショーが始まりました。

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTショー

「明日は出掛ける」と言えばオススメのスポットを提案するだけじゃなく、目的地のルート案内だけではなく行先の天気予報や渋滞を予測した上での到着目安時間を調べた上で調整。
出発時間までもVIZIVが提案してくれて、その時間に合わせて社内の空調まで調整してくれるというもの。

先進すぎてしまって、なかなか受け入れることが出来ませんでした。
SUBARUだけじゃありませんが「ここまでしてくれるの?」というクルマが本当に多く、将来どんな方向に行くのかの想像がつきずらいです。

スポンサーリンク

SUBARU・IMPREZA 5-DOOR CONCEPT

次世代モデルの第一弾として位置付けられている、遠くない将来に必ず登場するであろうインプレッサのコンセプトモデルになります。

スバル・インプレッサ 5-door CONCEPT

スバル・インプレッサ 5-door CONCEPT 世界初出展

こちらにも次世代SUBARUのデザインコンセプトとなる「Dynamic×Solid」を本格採用しており、SUBARUらしさが大胆に表現されています。
今後のSUBARUのデザインの方向性も提示されたモデルではないでしょうか。

インプレッサだけではなく、レヴォーグにXVとも類似するようなフロントフェイスです。
5ドアのハッチバックモデルなのですが、前後部座席にドアノブが見当たらないことにも気付きます。

スバル・インプレッサ 5-door CONCEPT

スバル・インプレッサ 5-door CONCEPT 「SGP(スバルグローバルプラットフォーム」が採用されている

SUBARUの中期計画「際だとう2020」で告知された次世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム」が採用となり、今後SPGは将来のすべてのSUBARUのクルマに採用されるそうです。
軽量化と剛性アップと衝突安全性の向上、高効率パッケージングによる車内空間の拡大も目指しているとのことです。

パワートレインの発表はまだ無いのですが、トヨタ供給となるハイブリッドユニットを持つ可能性があるとされています。
エンジンはSUBARU伝統となる水平対抗DOHCエンジンで、FA型もしくはFB型エンジンが搭載されることでしょう。

  • 全長:4,400mm×全幅:1,880mm×全高:1,440mm
  • ホイールベース:2,670mm
  • 乗車定員:5名
  • タイヤサイズ:235/40R19
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る