トヨタ・新型カローラスポーツ試乗レビュー カローラの新風なるか?(1/6)

カローラというとクラウンと並び、モデルチェンジのたびに自動車以外のメディアもその動向に注目するトヨタ車です。

カローラのセダンモデル「アクシオ」とワゴンモデル「フィールダー」のモデルチェンジに先行する形で、ファミリーカーよりもパーソナルモデルとしての性格を強くしたスポーツモデル「カローラスポーツ」が追加されました。
カローラとしてはルミオン以来の3ナンバーモデルとなりますが、厳密にはオーリスの後継モデルであり、そのルーツはカローラランクスとなります。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

今回試乗したモデルはハイブリッドGZ、色はアティチュードブラックマイカとなります。
このご時世ですから、ハイブリッドモデルは一番の売れ筋になる事かと思います。

また、ガソリンエンジンモデルには「スポーツ」の名にふさわしく3ペダルMT仕様もラインナップされています。
今後はGR仕様はもちろん各社からスポーツキットがリリースされることも期待できるかもしれません。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ 試乗車

最近のトヨタ車らしいといえばトヨタ車らしいですが、鋭角で切れ長のヘッドライトに大きく開いたグリル、以前のレポートのクラウン同様、個人的には少々「やりすぎ」な気も否めないフロントデザインという気もしますが・・・
昔は中庸、無味乾燥、可もなく不可も無くを悪しき様に言われたカローラですが、いざこうして攻めたデザインになってしまうとやはり、中庸で平凡こそがカローラの最大の美点だったようにも思えてきます。とはいえあくまで若いユーザーをターゲットにしたスポーツモデルという建前なので、これはこれでいいのかもしれません。ファミリーユースがメインとなるアクシオ、フィールダーではもうちょっと落ち着いたデザインになる事を期待しましょう。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ フロントエンブレム

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ フロントエンブレム

CAROLLAの頭文字「C」と「花冠」を模った伝統のエンブレム、一時は共通のCIマークになっていたこともありますが、やはりカローラにはこのマークがしっくりきます。またこのオーナメントは運転支援機構のセンサーも兼ねています。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ドアミラー

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ドアミラー

フロントグリルにドアミラーとサイドウィンドーガラスは六角形をモチーフにしているようで、クルマの周囲を見て回ると、各所に六角形をモチーフにした外装パーツやプレスラインが見受けられます。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ヘッドランプ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ヘッドランプ

スポンサーリンク

最近は、軽自動車から高級車までLEDの細長いポジションランプにプロジェクター式ヘッドランプという組み合わせが一般化してきましたが、フロントノーズをえぐり取って、船の錨型のヘッドランプを埋めこんだ立体的造形は、ちょっと好みが分れるかもしれません。錨型のヘッドライトに合わせてなのかはわかりませんが、ボートの舳先のように尖ったデザインはヴィッツでも採用しており、トヨタの2ボックスのコンパクト共通のアクセントとなっているものと思われます。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ リアスポイラー

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ リアスポイラー

バックドアのリアスポイラーもよく見ると、多面形で構成されていたり、ルーフエンドにコブがあったりと、複雑な造形となっていることがわかると思います。
実はトヨタはよく調べてみると古くから空力性能の向上に熱心で、これらも単なるデザインだけでなくな整流効果による空力性能の向上を狙ったものかと思われます。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ テールランプ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ テールランプ

やはりリアも六角形がデザインのモチーフになっているようで、テールランプのデザインもヘッドランプのデザインのイメージと共通にしているようです。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ フロント

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ フロント

どちらにしても、最近のトヨタ車として共通のアイデンティティを持ったデザインを目指しているというのは間違いないでしょう。好みは分かれるかもしれませんが、一度見たら忘れられないデザインではあると思います。
とはいえ、これまでのカローラと名乗りつつも、今までカローラとは縁遠かった購買層を獲得するのに見た目のデザインで訴えると言うのはなかなか難しい所もあるのではないか?という印象も否定できませんが・・・それでは内装の方を見てみましょう。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのカローラスポーツを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのカローラスポーツを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

カローラスポーツの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

カローラスポーツを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでカローラスポーツの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る