ダイハツ新型キャスト・アクティバ デザイン性と実用性を兼ね備えたエクステリア

2015年9月9日にダイハツから新型車として発売された軽自動車の「CAST/キャスト」。
3タイプの設定があり、第一弾として「キャスト スタイル」と「キャスト アクティバ」の2タイプが発売されました。
まだ試乗車はありませんでしたが、展示車でキャストを体感してきましたので、外観エクステリアのインプレッション第一弾をご紹介します。
先にご紹介するのは、SUVクロスオーバータイプの「キャスト アクティバ」です。

ダイハツ新型キャスト アクティバ
ダイハツ新型キャスト アクティバ
写真は最上位グレードの「Gターボ”SAⅡ”」。
ボディーカラーはディープブルークリスタルマイカとルーフがホワイトの2トーンカラーです。

キャスト アクティバはハスラーとはジャンル違いか?

軽自動車のSUV系といえばスズキのハスラーが今は大人気で、まさに一人勝ち状態ですが、ようやく対抗馬が出てきた?と思いましたが、ダイハツ側は
「ハスラーとは4WDという点では似ているが、全く違うジャンルの新型車」
と言い切っているので、一般ユーザーの思いと少し違っているようです。

確かに箱キューブ型のハスラーとは全体的なフォルムも違えば車高も違い、遊び心をくすぐるハスラーのようなSUVらしさはあまりないように思います。
そういう意味ではハスラーとはジャンルが違うということになるでしょうか。

キャスト アクティバは普段はオンロードでオシャレに乗りこなし、休日にはちょっとしたオフロードも軽快に突き進みたいアウトドア派の人にはピッタリ!だと思います。
ファミリーなイメージというよりは、デートなどのお出掛けが似合いそうな、そんなイメージですね。

ダイハツ新型キャスト アクティバ
ダイハツ新型キャスト アクティバ
グレード:G”SAⅡ”/ボディーカラー:ブラックマイカメタリック。

丸目ヘッドランプはキャスト共通のデザイン

キャスト スタイル、アクティバ共に丸目のヘッドランプは全く同じ形状で、コペンセロのテイストがセンス良く流用されていてとてもオシャレ。
後に発売されるキャスト スポーツも同じ形状です。

ダイハツ新型キャスト アクティバ ヘッドランプ

同じ軽自動車で競合車の丸目といえばN-ONE、ハスラーがありますが、いずれも真ん丸正円形のちょっとギョロついたイメージでその分インパクトが強いですが、キャストの丸目はサイドに自然に流れるような上品な印象です。

フォグランプも丸目でセンスよく、ヘッドランプと丸同士、バランスよくガンメタ塗装のバンパーに品よく埋め込まれています。

ダイハツ新型キャスト アクティバ フォグランプ

上位グレードの「G」にはヘッドランプ・フォグランプ共にLEDとなります。
下の「X」グレードはLEDヘッドランプを54,000円のメーカーオプションで装着することは可能ですが、フォグランプについては、「X」グレードにはオプションの設定そのものがありません。

リアコンビネーションランプも丸く、全グレード共にストップランプはLEDが採用されています。
バックスタイルもオシャレですね。

ダイハツ新型キャスト アクティバ リヤコンビランプ

スポンサーリンク

エクステリアにこだわりあり

キャスト アクティバの大きな特徴としては、前後のバンパー下部に取り付けられたシルバー塗装のアンダーガードと、左右サイドドア下部のガンメタ塗装されたドアモール。

ダイハツ新型キャスト「アクティバ」 フロントバンパーアンダーガード
ダイハツ新型キャスト「アクティバ」 リヤバンパーアンダーガード
ダイハツ新型キャスト「アクティバ」 ガンメタリック塗装サイドドアモール

少々の悪路での石はねにも安心で、デザイン的にもオシャレ度を落とすことなくマッチしています。
フロントリヤのシルバーアンダーガードは全車標準ですが、サイドアンダーガードは標準では付かず、オプションで装着可能です。

フロントグリルは蜂の巣模様で、外枠のメッキグリルがリッチな雰囲気を醸し出しています。
ダイハツ新型キャスト「アクティバ」 フロントグリル

リヤのナンバープレート部分の周りには、シルバーメタリック塗装された存在感のあるフレームがあり目を惹きますね。
ダイハツ新型キャスト「アクティバ」 リヤ

全体的にセンス良くまとまったデザインで、個人的にはとてもお気に入りです。
まだまだ注目すべきポイントがありますが、続きは外観エクステリアインプレッション第二弾でお届けします。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのキャストを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのキャストを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

キャストの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

キャストを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでキャストの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る