トヨタ新型80系ノア試乗 デザインは落ち着いた大人のイメージ

2014年、7年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした3代目ノア。
Mクラスミニバンの中では一番落ち着いた、更に大人の雰囲気になりました。

若いお父さんお母さん世代には兄弟車であるヴォクシーの人気が比較的高いようですが、デザインにイカつさを求めないユーザーには絶大な支持を得ているノア。
今回のモデルチェンジで、ますますMクラスミニバンの王道を感じさせるエクステリアデザインは、落ち着きのある大人のイメージですね。
ちょっとスピンドル風?のフロントグリルはヴォクシーとはまた違った押し出し感があり、かつスマートです。

トヨタ新型ノア

ノーマル、エアロ仕様共にスマートデザイン

グレード展開はハイブリッドタイプは「G」「X」の2グレード、ガソリンタイプは「Si」「G」「X」「X“V Package”」の4グレードで、合計6グレードのラインナップ。
ガソリン車の「Si」グレードはエアロ仕様になってエアロパーツの分、ボディサイズも大きくなり3ナンバー登録となります。
ノアの落ち着いたデザインがベースなので、エアロ仕様といってもかなりおとなしい印象ですが、ちょっとノーマル仕様では物足りないと感じる方にはピッタリだと思います。

トヨタ新型ノア エアロ仕様

トヨタ新型ノア ガソリン「Si」グレード(エアロ仕様)

ノアもヴォクシーもハイブリッド車とガソリン車の外観エクステリアに違いがあり、ハイブリッド車はノーマル仕様のみ、ガソリン車はエアロとノーマル両タイプという設定なので、デザインはエアロ仕様がいいけれどハイブリッド車に乗りたいという選択はできません。
ただノアの場合、ノーマルとエアロ仕様にそれほど大きな見た目の違いがないので、比較的選びやすいかと思います。
ボクシーの場合は、ノーマルとエアロ仕様では全くイメージが異なるくらい顔つきが変わるので、グレード選びには悩むところでしょう。

ハイブリッドのシステムはプリウスと同じ1.8リッター直列4気筒ガソリンエンジン2ZR-FXEとモーターの組み合わせで、このMクラスミニバンでは本格的なハイブリッドシステムとなります。
カタログ燃費は23.8kmとなかなかの数字ではないでしょうか。
ガソリンは2リッター直列4気筒エンジン。カタログ燃費は16kmと旧モデルの13.6kmからすると大幅に良くなっていますね。このクラスだと実燃費12kmは期待したいところですね。

スポンサーリンク

ハイブリッド車試乗、乗り味は同クラス並み

モデルチェンジ直後にノア、ヴォクシー共にハイブリッド車を実際に試乗しましたが、兄弟車なので同じ乗り味。
慣れの問題かと思いますが、普段ガソリン車に乗っている者にとっては、回生ブレーキのかかり方に少々違和感を覚えてしまいます。
ブレーキをかける時の「シュイ~ン」「キ~ン」といったような音が試乗では気になりました。

乗り心地としては、いわゆるMクラスのミニバンといったところで、特別足まわりがカタいということもなく無難な印象。
試乗の際、運転と後席での乗り心地も確認してみましたが、トヨタ車特有のフワフワ感もなく、安定しているなと感じました。

特別仕様車はお得感満載

そして2015年4月には「X“Delight Plus”」という特別仕様車がハイブリッド、ガソリン共に設定され発売されました。
いずれも「X」グレードをベースとして特別装備がお得に追加されています。

トヨタ新型ノア 特別仕様車

  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
    (ベースグレードは助手席側のスライドドアのみパワースライドだったのが、運転席側・助手席側の両方がパワースライドドアに)
  • リアオートエアコン
    (後席はリアクーラーだけだったのが、クーラー、ヒーターどちらもコントロール可能なオートエアコンに)
  • スマートエントリーシステム
    (差し込み式のワイヤレスキーがスマートキーに)
  • スーパーUV カットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 盗難防止システム

以上が「X」グレードに追加装備となっています。

ボディーカラーは、特別設定色「アイスチタニウムマイカメタリック」が追加され、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、ボルドーマイカメタリックの全4色の設定。

これだけの追加装備で、価格はベースモデルに10万円前後の追加とかなりお得です。

  • HYBRID X “Delight Plus”:3,005,486円 
    (ベースモデルの「X」グレードに約7万円追加)
  • ガソリンX “Delight Plus”「X」(2WD・7人乗り):2,588,914円 
    (ベースモデルの「X」グレードに約12万円追加)

トヨタは大体モデルチェンジから1年後に特別仕様車が出ますね。
本来装備するには高額なオプションがお得に追加されているので、特別仕様車を狙っていた方には納得の装備だったのではないでしょうか。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのノアを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのノアを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ノアの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ノアを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでノアの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る