トヨタ・C-HR ガソリンターボ試乗 ライバル車CX-3との比較検証(2/2) 

トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタとは異なり、アンチトヨタにも「気になる」存在となっている。
今回は国内のライバルである マツダ CX-3 との比較検証を行いたいと思う。

トヨタ・C-HR/マツダ・CX-3

トヨタ・C-HR/マツダ・CX-3

デザインについて

デザインについては好みがわかれるところであるが両車ともに高いレベルにあることは間違いない。
全体のフォルムは両車ともに破たんなくまとめられている。
塊感の強いC-HRと、シャープ&エレガントなCX-3といったところだろうか。
 

居住性・ユーティリティについて

その一方でデザインの犠牲になりがちな居住性やラゲッジスペースはC-HRの圧勝である。

トヨタ・C-HR ラゲッジスペース

トヨタ・C-HR ラゲッジスペース

CX-3の後部座席は大柄な人では1時間の乗車が精神的に厳しいと思われる。
現に身長175㎝の筆者でも精神的な圧迫感を感じた。
立ち気味の背もたれ、座席下につま先を入れることを前提としたレッグスペースなど、最大限の工夫がなされているのもの、ロングノーズのスタイリングの犠牲になっている事は否定できない。

もっとも、このクラスのSUVを購入する層というのはそこまで後部座席を使用しない事が多い。
基本的には1人から2人の乗車で、大きな荷物は座席を倒して積む。
つまり5人乗ることをユーザーが想定していない事が多いので、このこと自体は大きく影響しないのかもしれない。

スポンサーリンク

パワートレーンについて

パワートレーンについてはCX-3がガソリンとディーゼル。
C-HRがハイブリッドとダウンサイジングターボ、と両車とも個性的だ。

ただ、日本の道路事情を鑑みるとハイブリッドがマッチしている事は疑いようがない。
マツダのディーゼルは圧縮比を下げ、今までのディーゼルよりもガソリンエンジン寄りになり、扱いやすくなった。
それでも世界一平均時速が遅い日本では生殺しのような状態になってしまいがちだ。

またレスポンスにおいても、ターボラグが気になるし、ハイブリッドのモーターからするととても遅く感じる。
静粛性においてもC-HRが有利である。

トヨタ・C-HR ハイブリッド

トヨタ・C-HR ハイブリッド

 

ハンドリングについて

ハンドリングに関してはCX-3に軍配が上がる。
新開発のTNGAプラットフォームとリアにはダブルウィッシュボーンサスペンションが奢られたC-HRに大いに期待したものの、車にとって「軽さ」がいかに大事かということを改めて見せつけられた形になった。
CX-3はモデルによってはC-HRより200㎏~150㎏軽量だ。最大で大人3人分の重量は大きなハンデとなり、C-HRの運動性能を落とす結果となっている。

ハイブリッド対ディーゼル、ガソリンターボ4WD対ガソリン4WDでも重量差は大きく変わらない。
カタログ内でもC-HRの4WD機能についてはあまり取り上げられていないので、意味のないラインナップはやめ、軽量な2WDモデルを導入すべきかとも思う。

マツダ・CX-3 ステアリング

マツダ・CX-3 ステアリング

シートについて

欧州市場を満足させるにはまずシートが重要だ。
今回C-HRのシートは今までのトヨタでは考えられない程よくできている。
サイドのホールド性を向上させ、腰回りのサポートもよい。座面は長いとは言えないが、乗降性、日本人の体格等を考えた際に妥当なものだと思う。
座面は固めで、「ついにトヨタも・・・」と思ったのもつかの間。お尻がすぐに痛くなってしまった。
このあたりのノウハウは一朝一夕で実現できるものではない。今までの柔らかいソファーシートからの脱却を図った事は大きな進歩であるが、まだまだ国産の良質シートの足元にも及ばない。

その一方でマツダのシートは大変良くできている。
スポーティな固めのシートは男性には好まれるが女性にはあまり評判がよくない。
女性は比較てき体重が軽く、やせ傾向にあるため、骨があたるというのだ。

今までの車はメインユーザーを想定して柔らかめと固めを作り分けていたが、昨今のマツダのシートはその両方を満足させるものとなっている。
体重の軽いユーザーには高反発の特性をもち、体重の重いユーザーには低反発の特性を持たせる素材を使用している。腰まわりのサポート性はよく、サイドは車のキャラクター上弱く設定しているようだ。

マツダ・CX-3 シート

マツダ・CX-3 シート

比較検証 総評

比較項目 C-HR CX-3
エクステリアデザイン 4 4
インテリアデザイン 4 4
ユーティリティ 4 2
走行性能 3 4
価格 2 3

目指す方向性は両車ともに同じである。両車の明確な違いとしては、メインの乗車人数になるだろう。
2人ならCX-3、4人ならC-HR。また運動性能を求めるならばCX-3となるだろう。

最初の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのC-HRを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのC-HRを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

C-HRの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

C-HRの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

C-HRを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでC-HRの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

べす認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 大阪府在住

車大好きです。30歳にして13台の車をのってきました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る