ホンダ・アコードハイブリッド試乗 外観エクステリアインプレッション(1/6)

ホンダのアコードハイブリッドに試乗してきました。
現行となる9代目モデルは2013年6月に発売となり、3年が過ぎようとしているところで2016年6月にマイナーチェンジが決まっています。
既に現行モデルは生産が中止となっており、オーダーが不可能となっています。

マイナーチェンジでどのくらいの変化があるのか?も気になるところではありますが、まだ目にすることは出来ません。
そこで、まずは現行モデルにてアコードハイブリッドを確認してみようと思います。

全幅が1,850mmという大型サイズ

アコードハイブリッドのグレードは2種類展開です。
今回、試乗させて頂いた上級グレードのEX(車両本体価格:4,011,128円~)とベースグレードのLX(車両本体価格:3,754,286円~)になります。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

まず、アコードハイブリッドのボディサイズを確認してみましょう。

  • 全長:4,915mm
  • 全幅:1,850mm
  • 全高:1,465mm
ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

実車を見るとそこまでの大きさは感じないのですが、実はこのボディサイズはトヨタの現行クラウンシリーズよりも大きいです。
特に全幅については、駐車場によっては対応出来ないなんて場合もあると思います。

私の自宅マンションの駐車場も1,830mmの全幅でやっと置けてる感があるので、それ以上となる1,850mmは選択出来ないのが正直なところ。
この辺は事前に駐車場を確認した方が良いですね。

スポンサーリンク

雰囲気は前後で対象的!?

フロントから見てみるとこんな感じです。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

現行のオデッセイを見た時にも思ったのですが、ホンダの車はフロントにメッキを多く使いますね・・・。
それもグリルがシルバーに少し青みがかかったような色になっています。

そして、横に細長いヘッドライトも健在!
こちらは最初からLEDヘッドライトが標準装備になっています。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX LEDヘッドライト

ホンダ・アコード ハイブリッド EX LEDヘッドライト

また、フォグライトも標準で装備されています。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX フォグランプ

ホンダ・アコード ハイブリッド EX フォグランプ

LEDのヘッドライトはオプションの場合が多いので、追加料金が必要!なんてことがありますが、アコードハイブリッドはそれがないですね。

フロントフェイスを引き続き確認していますが、顔つきはまさに「ホンダの車!はこんな感じ」の流れにのっています。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

決して悪くはないのですが、既に見慣れてしまってるような気がするというか・・・
発売から時間が過ぎていることもありますが、新型車で感じるような新しさはないかもしれません。

リヤを見てみるとフロントとは少し違った雰囲気になっています。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

メッキをふんだんに使ったフロントフェイスと比べると落ち着いていますね。
オーソドックスと言うのが良いのでしょうか。

トヨタのハイブリッド車、カムリとも何となく似ているような気が・・・しなくもありません。

タイヤ&アルミホイールのサイズは1サイズのみ

タイヤ&アルミホイールは225/50R17となっています。
2グレードともにサイズは同じになっていて、サイズやデザインを変えるのでしたらディーラーオプションの中から選ぶようになります。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 225/50R17タイヤ&アルミホイール

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 225/50R17タイヤ&アルミホイール

なかなかこの手のデザインのアルミホイールを見ない気がします。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 225/50R17タイヤ&アルミホイール

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 225/50R17タイヤ&アルミホイール

空力を意識した?ということを、他の方の試乗レポートで目にしたことがあります。
色んな理由があるとは思いますが、ちょっと個人的にはもう少し工夫があっても良いのでは・・・という気がしました。

軽自動車ですが、同じくホンダのS660の方がアルミホイールもスタイリッシュです。

今回試乗した【アコード ハイブリッド】のスペック
車名 アコード ハイブリッド メーカー名 ホンダ
グレード名 EX 車両重量 1,620kg
発売日 2013年6月21日
ハイブリッド車としてニューモデル
全長×全幅×全高 4915×1850×1465mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2775mm
排気量 1993cc 最小回転半径 5.7m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
105[143]/6200
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
165[16.8]3500-6000
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列4気筒DOHC+モーター
JC08モード燃費 30.0km/L 型式 DAA-CR6
現行モデル発売 2013年6月~
[アコードハイブリッドとして初代]
タイヤサイズ 225/50R17 94V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアコード ハイブリッドを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアコード ハイブリッドを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アコード ハイブリッドの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アコード ハイブリッドを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアコード ハイブリッドの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る