自動車保険見直しのタイミングはいつがベスト?

新車を買った時

自動車保険の選び方

自動車保険を見直すタイミングは色々とあると思いますが、まず皆さんが思い浮かぶのが新車を購入された時だと思います。
付き合い等で自動車を購入した店舗で勧められた保険会社に入る方もいらっしゃいますが、オークションで購入されたり、保険会社も自分で考えたいと思う方なら、自分で見積を比較してしっかりと選択するはずです。

なぜ新車のタイミングがベストなのかというと、保険には「ノンフリート等級制度」というものがあり、保険料はノンフリート等級によっても変わってくるからです。

自動車保険の契約には、「フリート契約」と「ノンフリート契約」というものがあります。
フリート契約とは10台以上の車を契約する場合、ノンフリート契約とは10台以下の車を契約する場合をいいます。

等級は「ノンフリート契約」にのみ存在し、6等級から20等級までランクがあります。
保険契約がこれまでなく、新規の場合は新車で6等級からのスタートになりますが、これまで保険契約に入っている場合、その契約のノンフリート等級を新車に引き継がせることができる為、新車にも関わらず自分の持っていた等級で契約できるので、保険料がお得になります。
簡単に言えば、割引を引き継ぐようなイメージです。

一般的に新車になれば保険も割引もそこで終わって最初から、と考えられている方が多いようですが、保険制度は車が変われば変わるというものではありません。割引(等級)を引き継げるならお得に活用しましょう。

保険契約が満了を迎える時

自動車保険の選び方

先ほど「ノンフリート等級制度」の話をしましたが、保険契約の満了を迎える時期は保険の見直しをするには一番スムーズです。
ノンフリート等級は、更新する前の契約に事故がなければ、1ステップ上がって等級が進むことになります。
等級が高ければ高いほど割引率も高くなる為、更新した場合の保険料は安くなります。

しかし、1年満たない時期に途中で今入っている保険会社の契約を解約して他の保険会社で契約してしまうと、事故がなかったとしてもノンフリート等級は1ステップ上がらず同じ等級のままとなります。
そう考えれば、満了を迎えない状態で保険会社を変更するより、満了を迎える頃に見直しする方が、時期としてはベターです。

となれば、一括見積を利用し保険を見直すタイミングは、保険契約が満了した後では遅いので、満了を迎える時期の1~2か月前から準備をしておくことが重要です。
等級を上げて他の保険会社に切り替える為には、今の契約の満了のタイミングをしっかりと把握しておきましょう。

通常は1年契約ですが、長期契約をされている方もいるかもしれないので、その場合は見直しのタイミングを保険会社の人に相談しましょう。

生活環境が変わった時

自動車保険の選び方

自分達の生活環境が変わっただけで保険を見直すの?と思われた方もいるかもしれませんが、環境が変わった時こそ見直しをすべき時期です。

例えば、

  • 娘が結婚して車を運転しなくなった
  • これまで車で通勤していたけど勤務地が変わって電車で行くようになった

など些細なことでも見直して条件を変えてみると、保険料が安くなる場合があります。

今の契約条件では補償が無駄になったり補償のモレがあったり等のリスクを防ぐ為にも、生活環境の変化で保険の見直しをする必要がありますので、ぜひ覚えておいて下さい。

おすすめの自動車保険一括見積サイト






Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

愛車の買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ・ワゴンR
    新型ワゴンR試乗の時に合わせて見積もりを出してもらったので、それと合わせて総評をお伝えします。 …
  2. スズキ・ワゴンR
    車は購入する時だけでなく、当たり前ですが維持費も掛かります。 ワゴンRは軽四ですから毎年の税金も安…
  3. スズキ・ワゴンR
    今回試乗したワゴンRのグレードは「ハイブリッドFZ」です。 ワゴンRのグレードは上位モデルからFZ…
  4. スズキ・ワゴンR
    試乗した新型ワゴンRの外観に関する印象は、ガッチリしていて精悍な顔立ちという感じです。 今回試乗し…
  5. スズキ・ワゴンR
    2017年2月にフルモデルチェンジをした新型ワゴンRの内装では、軽四の進化を感じました。 一点だけ…
  6. 2002年式 BMW・530i 走行距離 10万7千キロ
    走行中にラジオを聞いていて一括サイトのCMが流れていました。買い取り価格が各会社によって違うので、複…
  7. ダイハツ・タントカスタム
    私の愛車は、タントカスタムの前はフィアット500Sに乗っていました。 第2子誕生から半年経ち、保育…
  8. ホンダ・S660
    発売当初より大人気の軽スポーツカー、HONDA・S660。 私は昨年末に新車で購入しました。 納…
  9. ホンダ・S660
    今や自動車の魅力の1つとなった「燃費」。 1kmあたりの燃料消費量を数値化して表しますが、エコカー…
  10. ホンダ・S660
    S660購入の決め手は安全装備の充実 ミッドシップエンジンにリア駆動、軽自動車という制約の中で…

アーカイブ

ページ上部へ戻る