【愛車レビュー】ダイハツ・タントカスタム 一年乗ってみての総評

私の愛車は、タントカスタムの前はフィアット500Sに乗っていました。
第2子誕生から半年経ち、保育園入園を契機に乗れない為、500Sからタントカスタムに乗り換える事になってから1年経とうとしている今、タントカスタム(RSトップエディション SAⅡ)のレビューをお伝えしようと思います。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

ボディカラーは特別塗装色の「メテオライトグレーイリュージョナルパール」です。
装備したオプションは、ナビ(バックモニター付)、レーダー、ドライブレコーダーになります。

タントカスタム購入のきっかけ

私が愛車フィアット500Sから乗り換えねばならなくなった原因は、第2子の誕生です。
以前のフィアット500Sのレビュー記事を読んで頂くと伝わりやすいかと思うのですが、子供2人と大人が乗って毎週持ち帰る保育園の布団2人分となると、運転に支障をきたすレベルの広さでした。
(私はコクピット感覚で好きでしたが、事故に遭わすリスクは流石にとれず・・・泣)

それをメインの理由に買い換えることになったので、広い(少なくともそう感じられる)車で維持費も掛かりにくい車となると、外観も気に入るのがウェイクとタントカスタムくらいでした。

ウェイクとタントカスタムで迷ったのですが、妻の意見と営業ウーマンの意見もあり、タントカスタムが愛車になる事に相成ったのです。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

室内空間、内装について

タントカスタムに関して車内の感想は、とりあえず広いです。
同僚に広いって言っても、軽四やろ・・・と言われましたが、無駄に大きくなく狭さを感じない「丁度良いという意味の広さ」です。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ 前席

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ 前席

そしてこのボディタイプの車全般に共通するのかもしれませんが、天井が高い為、圧迫感がないのです。
私は以前に乗っていた軽四は圧迫感があったのと、フィアット500Sが狭かった事もあるのかもしれませんが、十分なスペースが確保されていると思います。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ 後席

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ 後席

ちなみに私が内装で気に入っている点がもう1つあるのですが、それはナビ周りの濃青のパネルです。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ センターパネル

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ センターパネル

妻は「そんなのどっちでもいい」と返されましたが、営業ウーマンは妻の意見に同意しつつ、男性からはこのパネルが好評だと言っていました。

スポンサーリンク

燃費について

燃費に関しては、あくまでも私の運転の場合ですが、レギュラーで年間走行した距離16000キロ弱に対して今表示されている平均燃費が17.7km/Lです。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ メーター

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ メーター

レギュラーである事と、18キロ弱あるのであれば悪くは無いと思っているので、燃費自体には満足しているのですが、一つダイハツに改善して頂きたい点として一言言わせていただくとすれば、「タンクが小さい」です。
ガソリンのゲージが満タンから下につく位まで走ると500キロ弱位走るのですが、3/4位の所でガソリンを入れると350キロ前後なのです。

私は普段、ガソリンは下につく位まで走る前に1/2から3/4位までゲージが減ると給油する(震災などいつ給油が難しい事態に見舞われるか分からないので)ので、給油が頻回になるのがガソリン周りの唯一の不満です。

税金は660ccの為安く、自動車保険もフィアット500Sの時より安いです。
燃費・自動車保険・税金と総合して考えれば、維持費は低くコストパフォーマンスは良いでしょう。

走りと乗り心地について

続いて車は走るものである以上、走りと乗り心地についてお伝えします。
走りに関しては悪くないです。
100キロ位までだと踏めば出ます。走り出しは少し遅いと感じるかもしれませんが、軽四ですし燃費の悪化も防ぐ為にあまり走り出しには踏み込んでいません。
走りよりも乗り心地に関する点で、私は購入を検討されている方にお伝えしておきたい事があります。
私は最近自動車道で通勤するのですが、高速になると背が高い分揺れを感じやすくなりますし、揺れている分運転していてもハンドルのブレが気になります。

外観は好き嫌いがあると思いますが、私は好きです。
どちらかというと男性好みの外観でしょうか。
女性からは「イカツイからちょっと・・・」という評価も出るようで、実際に乗り始めてから妻の友人からこの評価が出ました。

もう1点お伝えしておきたい事が、子育て世帯には十分検討の価値がある車という事です。
両側スライドの為、小さい子供がいても乗り降りさせやすく、急にドアを開けて隣の車に当てる心配もありません。

荷物が大きくなりがちな保育園期でも、キーでスライドさせられるので便利です。
維持費が安いという事もあり、浮いた分を子供の積立資金など他の所に回せるので、十分満足しています。

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

ダイハツ・タントカスタム RS トップエディション SAⅡ

満足度評価
【タントカスタム/RSトップエディション SAⅡ】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★★ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★★★ 安全装備 ★★★★☆
エンジン ★★★☆☆ 燃費 ★★★★★
走り ★★★★☆ 価格 ★★★★☆
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのタントを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのタントを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

タントの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

タントを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでタントの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ぽこまる

ぽこまる認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 和歌山県在住

趣味はドライブです。フィアットのエンジン音が一番のお気に入り。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る