ホンダ・フィット コストパフォーマンスが高いフィット13G

2013年式のGK3型フィット13Gに乗っている埼玉県在住の40代男性です。
色はブリリアントスポーティブルー・メタリックです。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ボディーカラーのブリリアントスポーティブルー・メタリックに一目ぼれ

正直言って初めてのことばかりのクルマです。
何より気に入ったのがブリリアントスポーティブルー・メタリックという車体カラー。
色が気に入ってブルーのクルマを購入したのはこれが初めて。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

外観は近未来チックでリアのライト周りがちょっと恥ずかしいけれど、結構好きな造形です。

内装は車格の割にシンプルな高級感を感じさせる印象です。

ホンダ・フィット 13G(2013年式) 内装

ホンダ・フィット 13G(2013年式) 内装

iphoneを充電しながら音楽を聞けるのがイイですね。

スピード&タコメーター周りの造形は、コチラも近未来的。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

仕事の機材を満載して、やっと二人が乗れる仕様にして出かけることが多いのですが・・・
驚かされたのはかなり積載量が多い!
何とか仕事道具を積み込んで岡山県まで往復しました。

ホンダ・フィット 13G(2013年式) 積載量は十分な容量

ホンダ・フィット 13G(2013年式) 積載量は十分な容量

排気量1300ccでも十分な走り

13Gという基本グレードでエンジンの排気量は1300cc。
これまで2000cc以下クルマを所有したことがなかったため、これも初めての経験。
けれど出張仕事などの出先でレンタカーを借りる際、安いのでよくこのクラスのクルマに乗ってました。

なので、走りや乗り心地はある程度予想がついていました。
多分、今までが食わず嫌いだったのかもしれません。

高速を走れば20km/L超えも普通にしてくれるし、いい加減なアクセルワークで走っていても高速なら15km/Lは楽に出せます。

以前、GD1型のフィットで全開走行をし続けて7km/Lという燃費を叩き出し、エコカーで燃費を良くするには人間の協力を強いられると感じたことがありました。
けれど現行のGK3型フィットに、そんな雰囲気はみじんもありません。
山道を全開走行しても瞬間燃費で10km/Lの上下を行ったりきたりしてました。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

うまくフィットを運転する方法としては、抽象的ですがタイヤのグリップを信じてクルマをねじ伏せるような運転の仕方ではなく、クルマが走って行きたい方向にタイヤを転がしてあげる運転を心がけるのが良いと感じています。
一例としては、コーナーを曲がる時にアクセルを踏みながらハンドルを切るのではなく、ハンドルを戻しながらゆっくりとアクセルを踏んでゆく。
そんな方法で運転するとフィットをうまく転がせていることを感じられます。

一昔前の1300ccクラスのクルマで高速道路を長距離移動していると車内騒音と振動が激しく、移動するだけで疲労困憊状態でした。
けれど現行型のフィットに乗っていると、車内は静かで高速巡航中の乗り心地も車体の軽さの割にしっかりしています。日本車って本当にすごい進化をしているなぁと感じさせてくれます。

ただし、その走行安定性を支えてくれているのはタイヤ性能に追うところが大きいです。
新品タイヤ装着時の安定した気持ちよさは、タイヤの摩耗とともに崩れてきます。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式) タイヤ

現在このクルマを購入後2万kmほど全国を走り回りましたが、タイヤの摩耗とともに微振動が発生してきます。
駆動輪である前輪には、摩耗の少ないタイヤを装着するように走行距離管理をしながらタイヤローテーションが必要だと感じています。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式) タイヤ

ガソリン車はコストパフォーマンスが高い

価格に関しては車両本体価格が130万円切りの129万9800円。
長距離移動の多い使い方をしている自分にとっては十分なコストパフォーマンスがあると感じています。

特にこのクルマの場合、ハイブリット車が購入の対抗候補に上がると思います。
ハブリッドの方に乗ったことは無いので言い切ることはできませんが、車重が重くなった分タイヤの減りも早くなる。
そして40万円程の価格差をガソリン代で埋めようとすると、一回満タンで4500〜4700円くらい。
これで500km近くは走ってくれます。
40万円÷4600円=86.956・・・。
約87回満タンにできます。
これに500kmを掛けると4万3500km。

これは自分にとって約2年分の走行距離くらい。
ハイブリットを買ったと思って走ったら2年分は余計に走れる。
故障が無くて、さらに2年余計に走れるなら非常にメリットがあるのではないかと思っています。

ただ1点悔やまれるのは、オプションのシートヒーターを付けなかったこと。
やっぱり冬は暖かいですよ、シートヒーター。

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

ホンダ・フィット 13G(2013年式)

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのフィットを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのフィットを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

フィットの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

フィットを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでフィットの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

jinseigame認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 埼玉県在住

速いクルマ大好きな40代。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る