スズキ・ハスラーG・2トーンルーフ仕様車 乗り心地・燃費・Sエネチャージについて

ハスラーを購入して、まもなく1カ月が経とうとしています。
私の通勤車として使用していますので、ほぼ毎日ハスラーを運転しています。
前車は、平成21年式 スズキ ワゴンR スティングレー(MH23S)グレードTを新車で購入し乗っていましたので、比較対象がスティングレーになると思いますが、よろしくお願いします。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車

乗り心地について

スティングレーに最初乗った時は、軽自動車もここまで良くなったかと感心したのですが、ハスラーは更にその上を行く乗り心地です。
まずエンジン音が静かな事に驚きました。
停車している時はエンジンがかかっているの?と思う位静かです。
しかし私のハスラーはターボ無し車なので、キツイ上り坂になると馬力を必要としますので、この時ばかりはうるさいと感じてしまいます。それでもターボ無し車にしては力もあり上り坂でもグイグイ上ってくれます。

タイヤサイズも大きく、165-60-15 ですので安定感もあり、運転をしていて「ゆったり」とした感じです。
スティングレーはキビキビ走ってくれる分、サスペンションも硬めな感じでしたが、ハスラーのサスペンションは、硬くも無く柔らかくも無く丁度良い感じがします。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 タイヤサイズ165-60-15

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 タイヤサイズ165-60-15

スポンサーリンク

燃費について

正直、まだ3回位しか給油をしておらず、まだまだこれからと言う段階なのですが、燃費は良いと思っています。
さすがにカタログ表記の様に32.0kmは行きませんが、私が給油時に手計算をした結果は、23.5kmでした。通勤路には峠を2つ程超えて行くのですが、それでこの燃費なら私は満足しています。
田舎と言う事もあり、信号も殆ど無く渋滞もありません。
逆にアイドリングストップの出番が少ない乗り方をしています。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 平均燃費

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 メーター上での平均燃費は21.1km/L

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 燃費もまずまず良好

Sエネチャージについて

速度が13km/h以下になるとアイドリングストップ機能が働きエンジンが止まります。
再度アクセルを踏めば、エンジンを再始動してくれるのですが、この時の始動音は静かだと思いました。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 助手席下にはリチウムイオンバッテリーが

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 助手席下にはリチウムイオンバッテリーが

ただ右折時等で瞬発力を発揮して貰いたい時には、期待は出来ないと思っているので、私の場合はシフトレバーの右側についているスポーツモードスイッチ(以前はオーバードライブスイッチと呼んでいた?スイッチです)をONにして、アイドリングストップ機能を一時的に解除します。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 スポーツモードスイッチ

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 シフトレバー右側にスポーツモードスイッチ

このスポーツモードスイッチですが、私の場合は長い下り坂等でも使用します。
スポーツモードスイッチをON状態にする事で、エンジンブレーキが利くようになります。
スティングレーはパドルシフトが付いていましたので、減速したい時等良く使用していましたが、ハスラーにはパドルシフトがありませんので、このスポーツモードをONにして減速等に使用しています。
思ったよりエンジンブレーキが利いて非常に便利だと思っています。

総合評価

私個人の意見ですが、5点満点中5点を付けて良い車だと思っています。
買う時には、正直金額が少し高い気がしていましたが、今は買って良かったと思っています。

間もなく購入後の1カ月点検に行って来ます。フォグランプ等後付けを検討していますので、その時にディーラーで相談させて頂きたいと思っています。

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 

スズキ・ハスラー「G」2トーンルーフ仕様車 フォグランプ後付け検討中

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのハスラーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのハスラーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ハスラーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ハスラーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでハスラーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

taku_k2002認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 大分県在住

欲しかったハスラーを購入しました。色で迷いましたが、妻と娘が気に入った赤・黒ツートンにしました。今からアクセサリーを追加して行きたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る