走行距離20万キロ超えのアルファードが21万円で売れました!

走行距離20万キロ超えのアルファードを一括査定

アルファードは通勤で主に使用していました。
職場の移動などもあり、高速通勤でも毎日往復120キロを走行していました。
プライベートでも使用する機会は多く、アウトドアでも大活躍でした。
距離数はあっという間に増えて、20万キロを超えた頃から乗り換えを意識し始めました。
20万キロ超えということもあり、買取額なんて0に近いだろうと思っていましたが、インターネットで「一括査定」の文字を見かけました。
期待はしていなかったのですが、一応査定だけでも・・・と軽い気持ちで「かんたん車査定ガイド
」というところに一括査定を申込みました。

トヨタ・アルファードMZ(2003年式) 走行距離 22万8千キロ

トヨタ・アルファードMZ(2003年式) 走行距離 22万8千キロ

「アルファード」を一括査定
体験者 ひさしさん
20代/男性
居住エリア 茨城県
査定をしてもらった
車種
トヨタ
アルファード MZ
年式 2003年式
購入年月 2008年12月
中古車購入
走行距離 22万8千キロ
ボディ色 ブラックマイカ 装備していた
オプション
電動カーテン、左スライドドア電動、HDDナビ5.2m
事故・修復歴 なし 利用した
一括査定サイト
かんたん車査定ガイド
査定額 アップル/15万
ビッグモーター/21万
実際の売却先と
売却額
ビッグモーター
21万
トヨタ・アルファードMZ(2003年式) 走行距離 22万8千キロ

トヨタ・アルファードMZ(2003年式) 走行距離 22万8千キロ

査定をしてもらうまでの各業者とのやりとりは?

インターネットで「かんたん車査定ガイド」の申し込み事項を記入し、ポチっとクリックをして数分後に、早速買取業者から電話がかかってきました。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

そんなに遅くはないですが、夜だったので正直びっくりしました。
電話に出ると、ビッグモーターの方でした。
「アルファードはいい値が付くので是非当店で買取をさせてくだい」とのことでした。
私は「まだ乗り換えの車を探している最中なので、乗り換えが決まってから連絡します」と言ったのですが、
「時期的にも急いだほうがいいと思います」という説明を長々とされました。
たしか3月中旬くらいだったと思います。

翌日になるとアップルから電話がきました。
アップルは出張査定をしてくれるとのことで、電話当日の夜に自宅の庭で査定をしてもらいました。
時間は1時間くらいで終わりました。
査定額が15万でした。

更に数日後、購入車両が決まったのでビッグモーターに連絡を入れてからビッグモーター店頭にて査定をしていただきました。
ビッグモーターの査定額が21万でした。

査定をしてもらった時の状況は?

最初にアップルに出張査定として自宅まで来ていただきました。
日が暮れてからの査定でした。
査定に来られていた方は、アップルの店長さんでした。
「では早速、査定のほうをさせていただきます」と言われ、寒かったので私は家の中で待機していました。
査定時間は40分~1時間くらいだったと思います。

ビッグモーターでの査定は店頭で行いました。
私は店内の席で待機するようにと言われたので待機していました。
査定は査定士である担当の若い営業マンと、おそらくもう一人の査定士さんが行っていたと思います。
やはり1時間くらい待たされました。

実際に買い取ってもらうまでの流れは?

査定後は売買契約書を交わし、車の引き取り、入金について説明がありました。
まず、すぐには車両を引き渡せないということを話しました。
理由は、まだ乗り換えの車両が納車されないからです。
でもビッグモーターは
「せっかく査定をさせていただいたのに、事故など起こされてしまうと査定が無効となってしまいます」と言われました。

納車まで半月ほど期間があったので、その期間はビッグモーターから代車を借りることになりました。
翌日、アルファードを引き渡して、代車を借りました。

入金は売買契約書を交わして約2週間で口座に振り込まれました。

各業者の印象は?

アップルは店長さんが査定に来ましたが、店長ということもあり対応は良かったです。
電話対応は女性の事務員さんでしたが、こちらも対応は良かったと思います。

ビッグモーターは電話連絡が多かったです。
「購入車両が決まるまで待ってください」と言っているのに、「査定だけでもいいので御来店できますか?」という会話がしばらく続きました。
さすが大手だけあって、一台でも多く買取りたいという気持ちが伝わってきました。
結局はビッグモーターの方が査定額が良かったです。

一括査定サイトを利用してよかった点

インターネットで5分情報を入力するだけで、一括していくつもの業者に査定を依頼する事ができて、こちらから連絡する手間が無いので助かりました。
そして、何社もの査定額を出せば相場も見えてくるので、買取額の交渉がしやすかったです。

一括査定サイトを利用して残念だった点

どこの業者さんも買取がかかっているので必死で、連絡が多いです。

これから一括査定をしよう考えている方にアドバイス!

一括買取査定をするのなら、車を引き渡せる段階で申し込んだほうがいいと思います。
私みたいに軽い気持ちで、まだ乗り換えの車両を探している最中に査定を依頼しても業者さんたちは待ちきれない状況です。
「すぐにでも買取させてください」とそのくらいの勢いで連絡してきますので、ある程度の準備が整ってからの査定をおすすめします。

今回利用した車一括査定サイト

かんたん車査定ガイド



次の体験談

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る