レクサス・GSがマイナーチェンジ

2015-11-25

レクサス・GS

レクサス・GS450h “version L”

2015年11月25日、レクサスが「GS」をマイナーチェンジして発売した。

今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの刷新、ボディ色・内装色の追加、ボディ剛性強化、サスペンションチューニング最適化、新開発V6・3.5Lエンジン採用、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」標準装備と大幅に改良された。

デザイン面ではスピンドルグリルが形状変更され、18・19インチアルミホイールを切削光輝処理を施した新デザインへ、クリアランスランプ(デイライト機能付)とリヤコンビネーションランプは、L字型のLEDを採用した。

インテリアではオーナメントパネルに新開発のレーザーカット本杢、名栗(なぐり)調仕上げの本アルミを設定。
ボディ色は新たにソニッククォーツ、“F SPORT”専用色ヒートブルーコントラストレイヤリングなどを追加し全11色、内装色には新たにリッチクリームやシャトーなど全6色を設定した。

またスポット溶接の打点の追加によりボディ剛性を強化し、ステアリング系パーツの剛性強化をベースに、サスペンションのチューニングを最適化で快適な乗り心地を実現している。

GS350には新開発V6 3.5Lエンジン(2GR‐FKS)を搭載、新世代の直噴機構D-4Sとアトキンソンサイクルを採用し、パワーと低燃費(JC08モード走行燃費10.8km/L)を追求した。

価格は551万7000円~846万3000円。

Facebook コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る