レクサス・GSがマイナーチェンジ

2015-11-25

レクサス・GS

レクサス・GS450h “version L”

2015年11月25日、レクサスが「GS」をマイナーチェンジして発売した。

今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの刷新、ボディ色・内装色の追加、ボディ剛性強化、サスペンションチューニング最適化、新開発V6・3.5Lエンジン採用、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」標準装備と大幅に改良された。

デザイン面ではスピンドルグリルが形状変更され、18・19インチアルミホイールを切削光輝処理を施した新デザインへ、クリアランスランプ(デイライト機能付)とリヤコンビネーションランプは、L字型のLEDを採用した。

インテリアではオーナメントパネルに新開発のレーザーカット本杢、名栗(なぐり)調仕上げの本アルミを設定。
ボディ色は新たにソニッククォーツ、“F SPORT”専用色ヒートブルーコントラストレイヤリングなどを追加し全11色、内装色には新たにリッチクリームやシャトーなど全6色を設定した。

またスポット溶接の打点の追加によりボディ剛性を強化し、ステアリング系パーツの剛性強化をベースに、サスペンションのチューニングを最適化で快適な乗り心地を実現している。

GS350には新開発V6 3.5Lエンジン(2GR‐FKS)を搭載、新世代の直噴機構D-4Sとアトキンソンサイクルを採用し、パワーと低燃費(JC08モード走行燃費10.8km/L)を追求した。

価格は551万7000円~846万3000円。

Facebook コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る