スズキ・エスクードがフルモデルチェンジ

2015-10-15

2015年10月15日、スズキはエスクードをフルモデルチェンジして発売した。
新型エスクードは4代目となり、モデルチェンジは実質10年ぶりとなるが、当面は従来モデルとなる3代目のエスクード2.4と併売される。
新型エスクードはハンガリーの製造子会社マーシャルスズキ社で生産され、欧州等では既に「VITARA(ビターラ)」名で販売されており、日本には輸入車として販売される。

ボディサイズは軽量化を追求し、全長4175mm(先代比-125)×全幅1775mm(-35)×全高1610mm(-85)mmと従来モデルよりひと周りコンパクトに、車両重量も1600kg級から2WD(FF)で1140kg、4WDで1210kgまで引き下げている。
4WD車には、電子制御4WDシステム、4モード走行切替機能、車両運動協調制御システムの3つの技術を組み合わせたスズキ独自の四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を採用。
エンジンは直列4気筒DOHC 1.6リッターの「M16A」を搭載し、スズキの国内モデルとして初採用となる6速ATと組み合わせることで、低速域では優れた発進加速性能、登坂性能を実現、高速域では静粛性、燃費性能を向上している。

価格は2WD(FF)が212万7600円、4WDが234万3600円。

Facebook コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る