スズキ・バレーノを新発売

2016-3-9

スズキ・バレーノ

スズキ・バレーノ

2016年3月9日、スズキが新しいハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」を新発売した。

ボディサイズは全長3995×全幅1745×全高1470mm、ホイールベースは2520mmで、同じハッチバックタイプのスイフトよりも大きく、3ナンバーサイズとなる。

パワートレインは、1.0Lターボエンジン搭載車(XT)と1.2L自然吸気エンジン搭載車(XG)の2タイプが設定され、ターボエンジン搭載車は5月13日より発売する。

バレーノはインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産され、既にインドで販売されており、日本へは輸入車として販売する。

価格は141万4800円~161万7840円。

Facebook コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る