スズキ・バレーノを新発売

2016-3-9

スズキ・バレーノ

スズキ・バレーノ

2016年3月9日、スズキが新しいハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」を新発売した。

ボディサイズは全長3995×全幅1745×全高1470mm、ホイールベースは2520mmで、同じハッチバックタイプのスイフトよりも大きく、3ナンバーサイズとなる。

パワートレインは、1.0Lターボエンジン搭載車(XT)と1.2L自然吸気エンジン搭載車(XG)の2タイプが設定され、ターボエンジン搭載車は5月13日より発売する。

バレーノはインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産され、既にインドで販売されており、日本へは輸入車として販売する。

価格は141万4800円~161万7840円。

Facebook コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
  2. 日産・リーフ
    新型リーフの内装インテリアですが、私事ながら先代リーフは筆者の母のクルマが日産車ということもあり、何…
  3. 日産・リーフ
    世間ではゼロエミッションカー、電気自動車、自動運転が話題になっていますが、その尖兵とでも言うべき日産…
  4. スズキ・クロスビー
    現在スズキのクロスビーを購入するかどうかと考えている方も少なくはないでしょう。 しかし、ハスラーと…
  5. スズキ・クロスビー
    車の金額って購入を検討する際には、かなり重要なものですよね。 購入するにあたってどんなにいい車でも…
  6. スズキ・クロスビー
    スズキから新たに発売されたクロスビーですが、その見た目からハスラーをイメージしてしまうという方も多い…
  7. スズキ・クロスビー
    スズキから新たに発売されたクロスビーの内装インテリアはどのようなものか気になりませんか。 というの…
  8. スズキ・クロスビー
    スズキから2017年12月にデビューしたクロスビーですが、CMを見てハスラーの大きいタイプ?と思って…
  9. マツダ・CX-8
    発売から数か月が経過し、少しずつ人気が出てきたマツダのCX8ですが、とにかく金額が高いというのがこれ…
  10. マツダ・CX-8
    2017年9月に発売されたマツダのCX8ですが、購入を検討しているという方も多いのではないでしょうか…
ページ上部へ戻る